カイテキオリゴは、赤ちゃん・幼児でも使える
腸内環境を改善させてくれるオリゴ糖食品ですが
1日の摂取量はどのくらいが適切なのでしょうか?

カイテキオリゴで腸内環境を良くすることは
直接的に便秘を改善させることだけでなく
子供の免疫力を高めたり心身の正常な発育を促します

しかし、カイテキオリゴのオリゴ糖を沢山摂取してしまうと
お腹の中の善玉菌が活性化しすぎてしまい
お腹がゴロゴロ・ゆるくなってしまうこともあるんですよね~
(;´д`)

この記事では、カイテキオリゴを1日どれだけの量をとっていいのかをお教えしているので
カイテキオリゴを食べる量がわからない方・悩んでいる方は参考にしてください
ただ、食品であるカイテキオリゴは
どれだけ食べればどれだけの効果が見込めるいったお薬のようなものではありません
紹介するカイテキオリゴの摂取量はあくまで目安として考えて
最終的にはアナタの判断でカイテキオリゴを食べる量を調節するようにしましょう

普段の食事から乳酸菌を摂取することができない
赤ちゃんや幼児の便秘解消には
オリゴ糖をヨーグルトや離乳食、ミルク等にに混ぜ合わせて食べことが有効です
カイテキオリゴは変な乳酸菌のサプリメントと比べて安全ですし
食べ過ぎるとお腹がゆるくなることもありますが、ただゆるくなるだけで
基本的にはどれだけ食べても体には無害です

カイテキオリゴの1日の摂取量の目安

カイテキオリゴは赤ちゃんにもOK

カイテキオリゴの公式サイト「北の快適工房」の説明では
初めてカイテキオリゴを始める場合の1日の摂取量の下限と上限の目安を
次のように定めております

成人の方(高齢者も)⇒1日5g程度(スプーン1杯程度)
生後6ヵ月までの赤ちゃん⇒0.5g~
生後6ヵ月~1歳⇒1g~
1歳以上⇒2g~3g

カイテキオリゴはお薬でなく食品ですので
1日に食べる量がきっちりと決められているわけではありません
実際にカイテキオリゴを食べてる人は、みなさん思い思いの適当な量を食されているようです

●

「カイテキオリゴをコーヒーに入れて飲んでいる人の口コミ」

私はコーヒーが好きなので、カイテキオリゴを砂糖の代わりにコーヒーに入れて飲んでいます
1日の摂取量は5gとのことですが、そんなものは無視して
1日に何回もスプーン1杯のカイテキオリゴが入ったコーヒーを飲んでいます
砂糖よりもカロリーが低いから、ダイエットになると思ってのことです

カイテキオリゴ入りコーヒーのダイエット効果はさておき
今のところ体に害は起こっていません
どう考えても1日に10g以上は飲んでいますが
腹痛も下痢も起こらない私って、結構お腹が頑丈なのかもしれない(笑)

※公式の説明によると、カイテキオリゴを食べる量を急激に増やしてしまうと
一時的にお腹がゆるくなる場合はある
そうなので、一応注意しておいてください
上の口コミのように全然平気な人もいるので個人差は激しいと思われます

最安値情報⇒カイテキオリゴの最安値販売店はこちら(定期・単品を販売中)

目安量を超えて食べても問題なし

カイテキオリゴの効果が実感できない場合は、カイテキオリゴを食べる量を増やすべきですが
もし、カイテキオリゴの量を増やすときは、1~2gと少量ずつ増やしながら調節するようにしましょう
急に摂取量を増やしすぎると、お腹がびっくりしてゆるくなる原因になります
(お腹がゆるくなるのは一時的なものです)

健康食品であるカイテキオリゴは、たくさん食べても副作用は起こりえません
1日の目安量を超えて食べてもまったく問題ないです

1日に何回食べても問題なし

1日に数回にわけてカイテキオリゴを食す場合も
摂取量と同じく、「何回まで」と特に決められているわけではありません
食品であるカイテキオリゴは、沢山食べても副作用が起こる危険はないので
「好きなだけ食べてください!」・・と言いたいところですが
1日にカイテキオリゴを何回も食べてる暇なんてないし
食べまくっているとすぐに1袋分を使い切ってしまうのでもったいないので
私は、朝と晩の1日2回の摂取をおすすめしています

先ほどのカイテキオリゴの摂取量のリストでは
成人の場合、1日5gの摂取が目安になっていましたね
朝と晩の2回にわけてカイテキオリゴを食べる場合は
朝に2.5g、夜に2.5gとわけると良いですよ
カイテキオリゴの1回の摂取量が少ないほどお腹がゆるくなりにくいはずです

どのようにして食べるのが良い?

カイテキオリゴはオリゴ糖食品なので
オリゴ糖と相性が良い、乳酸菌が入ってる食べ物・飲み物と混ぜて食べることが
私の体験上、もっともベストな使い方だと感じます

コンビニで売られてるヨーグルトなど
手軽に手に入る乳酸菌・ビフィズス菌食品に
カイテキオリゴを組み合わせると
カイテキオリゴのオリゴ糖が組み合わせた乳酸菌・ビフィズス菌を活性化させるので
2つの相乗効果が期待できますよ

最安値情報⇒カイテキオリゴの最安値販売店はこちら(定期・単品を販売中)

カイテキオリゴの効き目が薄れてきたら食べ方を変える

カイテキオリゴの商品

カイテキオリゴはお薬ではないので
継続して飲み続けているうちに体に耐性・免疫ができてしまい
商品の効果が薄れてしまう・・・といったことはありません

しかし、カイテキオリゴの口コミでは
「最初は効き目がすごかったけど段々スッキリできなくなってきた」といった
体がカイテキオリゴに慣れてしまって効果がなくなってしまったという悪いコメントもあるようです

●

「カイテキオリゴの効果が実感できないという口コミ」

カイテキオリゴを始めた頃は、食べたあとお腹が動いているのがよく分かり
お通じもスルッと出て、商品に満足していたのですが
この頃は、初期の頃のスルッと感がなくなってしまいました
カイテキオリゴの効果があるのは最初だけだったのかな・・・

上の口コミのように、初めはカイテキオリゴの効果を実感できたけど
段々と効果が実感できなくなった(効果がなくなってた)
というケースの場合は
腸内がカイテキオリゴ摂取前の腸内環境に戻ろうとする
腸内環境停滞期」の状態であることが考えられます

実は、カイテキオリゴ元気になった善玉菌に対して、
耐性を持つ進化した悪玉菌が出てくることがあるのです
(個人差はあります)

腸内環境停滞期に陥った場合でも回復方法はちゃんとあるので大丈夫!
カイテキオリゴの食べ方を、1週間だけ次に紹介する方法に変えてみてください

・まず、1~3日目までは通常の約半分の量を食べる
・4~6日目は通常の約2倍の量を食べる
・7日目から通常の量に戻す

この食べ方は、まず悪玉菌のパワーアップを抑えるために一旦カイテキオリゴの量を減らします
ある程度まで悪玉菌が弱ってきたところで、今度は悪玉菌のパワーアップが追いつかないように
一気にカイテキオリゴの量を増やします
悪玉菌より善玉菌が優位になったところで、カイテキオリゴの摂取量を普段通りに戻すわけです

まとめ

カイテキオリゴサポート
(カイテキオリゴに関する悩み事・困り事は気軽に公式サイトのサポートに相談しよう)

カイテキオリゴは1日にどれだけの量を食べても良いです
この記事で紹介したとおり、1日の目安量は設定されていますが
あくまで目安程度とお考え下さい
食品であり、お薬ではないのでカイテキオリゴを沢山摂取しても副作用は起こりません

ただし、体質によってはカイテキオリゴを一度に取りすぎると
お腹がゆるくなってしまう可能性があると公式で説明されています

お腹がゆるくなることを防ぐには
カイテキオリゴを食べる回数を1日のうちに2回くらいに分けて
自分にあった量を調整して飲むこと

ここで紹介している公式販売店から
カイテキオリゴを購入することのメリット
①送料無料
②25日の全額返金保証
③3種の定期コースは全て最安値
④カイテキオリゴ読本がついてくる
⑤計量スプーン付き