スタディモールのネイティブキッズ紹介 ※1万お得情報あり!

こちらは英語の発音、訛りのデータ

1~6歳:68%がなまりなし
7~12歳:41%がなまりなし
13~19歳:7%がなまりなし

なまりがない正しい発音を身につけるにはどうすれば良いのか?

唯一の方法はデータを見れば明らかですよね(笑)

今回紹介するのは、正しい発音を子供に身に付かせるため用に特化しているもので

幼児用英語学習商品にしては安い方のものを選びました

さらに、終了してしまったAmazonギフト券1万円をもらえる!

お得な情報も掲載しますので、このページをお気に入りに入れておいてください

 

心の声:(このページから買ってくださると私のモチベもあがります)

 

Amazonnギフト券の情報は一番最後に紹介します

 

 

o0480036012426077611

 

 

販売元のスタディモール(ケント)って?

 

スタディモールは主に英語学習用の教材を通販販売している会社です

教材を作ったのは、英語学習で有名な「ケント英会話」

 

こちらがケントのバナー(リンク)




他に、就活生に向けた教材(DVD)も販売しています

 

 

ネイティブキッズの対象年齢

 

冒頭でお伝えしましたが、子供が英語を身につけさせる年齢によって

綺麗で正しい発音が身につくかどうか?も決まります

英語に最初に触れた年が若いほどなまりのない英語を身につけることができるとい
う、調査結果が出てるんです

1~6歳:68%がなまりなし
7~12歳:41%がなまりなし
13~19歳:7%がなまりなし

 

img_01_01

 

つまりこういうことです

 

img_01_02

発音に関しては、子供がより小さい方が効率が良いのですが

年をとるほど綺麗な発音が身につくのが難しくなります(当たり前ですね)

ネイティブキッズの販売元に問い合わせたところ

発音は12歳までに学習いただくことをおすすめしている。とのことです

(8歳でも大丈夫ですか?と問い合せたら十分効果があるっていう回答を得ました)

以上のことより、

ネイティブキッズの対象年齢は、1歳~12歳までとしました

 

ネイティブキッズはDVDで学習

 

基本的に、ネイティブキッズではDVDを見て英語の発音を身につけさせる教材です

カードなどのゲームも付いてきますが、これもDVDを見ながら遊んでもらえれば効果的です

 

こちらがもらえるもの一覧(クリックで拡大)

img_nativekids

 

 

公式サイトに実際にネイティブキッズを使っている動画がありますので

一度見ることをオススメします(動画の子どもは1歳くらいでしょうか?)

 

他にもyoutubeに動画がありました

 

 

ネイティブキッズのDVDでは、アニメは使わず全て実写です

クイズやゲームも使っているのでアニメを使わなくてもお子様が楽しく学習してくれます

 

DVDの内容は動画の通りなのですが

単語の意味を示す映像(右)とそれをネイティブが発音する映像(左)が

どちらも実写で用意されているので、発音だけでなく口の動きまで目と耳の両方で学ぶことができるという訳です

button_001

 

子供の段階で英語の最も難しい部分を克服

 

ネティブキッズの英語学習は、アリタレーションライミングという

アメリカの小学校で使われている方式で教材が作られています

img_alt

簡単に説明すると

アリタレーションによって同じスペルでも異なる発音があること、ライミングによって同じ発音でも異なるスペルがあることが効果的に学習できるということ

日本人が苦戦するのが、英語の特徴であるスペルと発音の関係です

一音一音をしっかりと発生する日本人にはここが難しいのですよねー

アリタレーションとライミングによって

同じアルファベットで始まるけれども発音が違う単語と
発音が同じだけれども語尾のスペルが違う単語を、順に学んでいって理解できるという訳

ネイティブキッズは子供の時点で英語学習の最も難しい部分を学んでいけるという教材になっていますね

ネイティブキッズの効果的な使い方を詳しく

公式サイトにも画像がありました

 

img_how

DVDは105日かけて見ることをおすすめされていますが

1回見ただけでは足りません!!

繰り返し見ることで学習効果が高まるのです!

「でも、何回見せればいいの~?」

と疑問になったので、問合わせてみたところ

「回数に関しましては、個人差もございますが、
弊社では最低2回を推奨しております。」

という回答が得られました

最低2回ということは、105日×2 で210日分の教材という訳ですね

さらに可能であれば1度勉強したところを、すぐにもう1度復習して

徐々に復習までの期間を長くしながらそれを繰り返すことで

より長期記憶になっていくので、忘れにくくなります

上の勉強方法は大人になっても効果的なのでオススメです(`・ω・´)

ネイティブキッズ、購入はこちらから

値段は2万9千800円です

button_001

ネイティブキッズのメリット・デメリット

・吸収が早い子供の時から英語の最も難しい部分が克服できる。

・発音の教材なので、他の英会話教室へ通っている人も併用して使うのがおすすめ

(特にリップルキッズエキサイトなどのフィリピン人講師の訛りが気になる方)

・幼児用の英語教材としては安め & このページからなら1万円分お得

・アメリカの小学校で用いられている手法であるアリタレーション・ライミングを使い、最速で正しい綺麗な発音をマスター

・一日の勉強時間が少なめなので子供の頭の疲れに優しい(´ω`*)

ネイティブキッズの残念なところ

  1. 英語の文法が学べない
  2. 学べる英単語の数が少ない

まぁ、(1)の文法は別にいいですよ

子供の頃は論理的な考え方するのは得意じゃないし、効率が悪いですから

でも(2)の英単語の数はもっと増やしても良かったんじゃないかな?と思いますね

ネイティブキッズでは、発音を学ぶ際に300の英単語を使用していますが

子供の頃なら、1000単語くらいでもわかるんじゃないかしら?

ん~・・・でもDVDは105日分だし

300単語なら、大体1ヶ月に100単語覚えられるってことになりますね

デメリットを把握して購入ページへ

button_001

利用者の声(公式ページより)

 

子どもたちは近所の英会話スクールに通っていますが、スクールの勉強時間だけで十分なのか、少し不安がありました。

英語の発音は子どもが大きくなる前に正しいものを覚えさせた方がよいとは聞いていたので、スクールで薦めてもらった「ネイティブ・キッズ」を試してみました。

 

DVDの勉強では、子どもたちが飽きてしまうのではないかと懸念していたのですが、予想外にひたすら集中!映像で出てくる口の動きを見て、しっかりと真似をしていました。1日毎の勉強内容が短いので、その点も良かったと思います。

 

まだ始めたばかりですが、ちゃんと”英語の発音”になってきている気がします!

もっと続けてみたいと思います。

 

よくある質問(コピペ)

1日5単語以上、子どもに勉強させても大丈夫でしょうか?
1日5単語以上、DVDを視聴いただいても問題ございません。ただしDVDを長時間視聴することで、子どもの集中力の低下や、眼の疲れなどの影響も考えられることから、1日4単語の勉強を推奨しております。
より1日の勉強内容を充実させたい場合は、ぜひ同封のカードなどを使用して、英語ゲームをお子様に遊ばせてください。勉強した英語を使って他者とコミュニケーションを取ることで、より勉強効果が高まります。
このDVDで完璧な英語が身に付くのでしょうか?
「ネイティブ・キッズ」は、正しい英語の発音を覚えることを目的とした商品となります。文法などの要素は学習できません。前述いたしました通り、文法や読解力などはお子様の年齢が高くなってからの方が、より効果的にお勉強いただけます。
小さい頃に正しい英語の発音を習得し、大きくなってから文法などをお勉強いただくことが、ケント英会話学院がおすすめするお子様の英語学習方法です。

1万円もらえるお得情報

ネイティブキッズは、2014年5月26日(月)~2014年7月31日(木)までキャンペーンをやっていたのです

YouTubeに動画を投稿すれば、Amazonのギフト券が1万円もらえるというものでしたが

残念なことに、現在は終了しています

でも、大丈夫!このブログを見てくれたあなたへ耳より情報

私が問い合わせたところ、なんと

先着10名様限定で2014年10月1日から同様のキャンペーンを行う予定とのこと!!

つまり、ネイティブキッズを買うんだったら、10月1日の方が1万円もお得!なのです

でも先着10名様限定なのが残念(´・ω・`)

ぜひこのページをお気に入りに入れておいて

10月1日になったら速攻で下のボタンから1万円のギフト券をもらってください

下のボタンには私の祈りを込めておきました(笑)

button_001


成績を上げるにはポピーで充分!(紹介記事)
大人気の月刊ポピーのお申し込みはこちらから



Z会には幼児コースもあります! Z会の通信教育<幼児向け>
幼児時代にはZ会だけやってればオッケー♪(紹介記事)



タブレットを使った小学校の通信教育
◆スマイルゼミ◆の資料請求はこちら(お得になるキャンペーン中)


スマイルゼミの紹介記事がこちら



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ