世間の自宅幼児教育は何をしている?おすすめは?

今回は世間のパパさんママさんがどんな自宅幼児教育をしているのかをまとめてみました

昔からやられている自宅幼児教育方法はやはり安定感と安心感がありますよね

安定感がある理由は、「先人の知恵」長年続いているような方法とかは安定感抜群

それにみんなと同じ教育をしていれば、お子様が「はぐれもの」になる可能性は低くなるという安心感もありますしね

ただ、それだと天才人間になる可能性も低くなりそうですが

(><;)

※ この記事で紹介するのはほとんどお金がかからない幼児教育です

 

まとめていく中でわかったことは

「頑張る子」は凄いというもの

「頑張らない子」にはにはどんな教育を施してもある分野において「頑張る子」には勝てないという結論になりました(当たり前ですがこれはとても大事です)

高い幼児教室に通うのもいいけど、お子様がどんなことに興味を持って、どんな分野で「頑張る子」になるのかは、その子しだい

子供が興味をもった分野があったら、積極的にサポートするのが親の努めです

でも、できれば将来ためになること(勉強とか)に興味を持ってもらえたら一番うれしいですよね(笑)

子供に興味を持ってもらうように、親御さんが手助けすることもできますが

また今度記事にします

この記事は世間の親御さんの自宅幼児教育は何をしているかをまとめた記事ですので



前書きが大変長くなってしまいまし申し訳ありません

ここから箇条書きで自宅幼児教育のことを書いていきます

 

  • 絵本の読み聞かせ

幼児教育の超定番方法ですねhttp://www.happy-note.com/research/10504.htmlに読み聞かせをしているかの調査がありました

 

Q1.ご自宅で、お子さまに絵本の読みきかせをしていますか?

Q1.ご自宅で、お子さまに絵本の読みきかせをしていますか?

絵本の読み聞かせの効果は、言語能力や学習能力の発達の他に

お子様のココロの成長(情緒)や想像力が豊かになるといった効果があります

コミュニケーションにも使えますし、寝る前なんかに聴かせる人が多いです

 

 

  • NHKの子供用番組

いろいろな放送がありますので、効果はそれぞれありますが

NHKの教育番組は全てなにがしかの効果を持たせています

役に立ったことは、~への興味を持たせるような感じです

どうでもいいことですが、私が大学時代の時からストレッチマンなるものが教育放送で登場していて、講義がない曜日に友達と見てゲラゲラ笑っていました^^

大人の私ですらストレッチへの興味を持たせることができた教育放送は凄いですね(笑)

まだシリーズ化する前からストレッチマンには興味を持っていました

 

suppa

 

いかん・・この調子だと文字数が凄いことになりそうです(^^;)

全然箇条書きじゃないですね(><;)

 

これから下はできるだけ簡単に、紹介していきます

 

全国展開している有名教室(学習塾?)

幼児からも通えます

しかし、先生の資格が厳密ではないとか
学歴が普通の人が先生をやっているとか

公文の教室は、黒い噂もあります

プリントだけもらっておきましょう(笑)

 

 

  • 散歩・ブランコ

普通のことですね(笑)

散歩中に目に入るものについて子供と話してあげることが好評です(特にお子様が活発にしゃべりだしたころ)

また、公園のブランコの揺れる動作は脳の前頭葉という部分を刺激するらしいです

 

  • ピアノを習う

なんでピアノ?っていう理由は

指先を使うのと、見る、聞く、考える、感情をこめるなど色々脳が活用できるから

ピアノを習っている子と習ってなかった子では、運動神経まで結構差がでるみたいです

 

  • こどもちゃれんじ

「気楽に、楽しみながら」続けられます

こちらは通信教育ですが、↓のようなデータ(満足度)があります

http://www.iid.co.jp/award/2012/outpatient.html

ポピっこvsこどもちゃれんじと題した記事を書くつもり(笑)

 

 

かなり長くなってしまいましたので続きは次の記事に回します

 

よかったら商品レビューも読んでね(♫)

子供遺伝子検査

くぼたのうけん


成績を上げるにはポピーで充分!(紹介記事)
大人気の月刊ポピーのお申し込みはこちらから



Z会には幼児コースもあります! Z会の通信教育<幼児向け>
幼児時代にはZ会だけやってればオッケー♪(紹介記事)



タブレットを使った小学校の通信教育
◆スマイルゼミ◆の資料請求はこちら(お得になるキャンペーン中)


スマイルゼミの紹介記事がこちら



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ