乳児(赤ちゃん)のインフルエンザの症状と対策、おすすめグッズ

赤ちゃんのインフルエンザ対策はしっかりしていますか?
今回は乳児のインフルエンザの症状を解説
インフルエンザの効果的な対策もご紹介
( ‘-^ )b

 
 

私は介護施設で働いていますが
この時期、インフルエンザ警報が発令して
職員は皆、マスクを着用
お年寄りが風邪にかかると命にかかわります

赤ちゃん(乳児)のインフルエンザは命に関わる!

 
snapcrab_noname_2014-6-8_9-34-25_no-00
 

乳児は、大人よりも風邪やウイルスへの免疫力や抵抗力が弱いため
風邪にかかりやすく、症状も重くなってしまいます

得に、乳児(赤ちゃん)のインフルエンザは要注意
命に関わる重い症状や後遺症を引き起こします
(>_<)

 
 

乳児のインフルエンザの症状

 
500x0_55fb6967-64e0-4e5a-ba32-75ac0a0100b8_jpg
 
風邪と似ているインフルエンザですが
風邪よりも、症状が強く出るのが特徴です
症状としては、38度~40度の高熱
全身の関節痛・筋肉痛・頭痛・全身の倦怠感
が現れます
ヽ(´Д`;)ノ

 
 

乳児の場合、1歳まではお母さんの母乳や、おなかの中での蓄えで免疫が作られるので
風邪を引きにくいのですが
1歳を超えると母乳を卒業(お母さんからの免疫が切れる)と、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります
ただし!生後間もない赤ちゃん(乳児)でもインフルエンザに感染することもあります
(`・ω・´)

 
 
乳児のインフルエンザは
40度の熱が2日~5日ほど続き、上記にあげたインフルエンザの症状が起こります

赤ちゃん(乳児)のインフルエンザの見分け方

 
①突然の発熱
②体温が37度以上(体を触るととても熱い)
③ほっぺたが真っ赤になる
④ぐったりしている
⑤グズグズ泣き続ける
⑥いつもと泣き方が違う
⑦食欲がない
 
と、いったものが代表的な赤ちゃんのインフルエンザの見分け方です
(*´∀`)♪

 
 
赤ちゃんがインフルエンザにかからないように
大人(親)がちゃんと対策をしておきましょうね

(`・ω・´)

 
 

幼児(赤ちゃん)がインフルエンザにかからないようにする対策

 
yobou0202
 

大人が外から病原菌(インフルエンザウイルス)をもってこないことが
赤ちゃんのインフルエンザ予防につながります

外から帰ったら、まずうがい・手洗いをしてください

 
 
また、赤ちゃんはうがいができないので
代わりに除菌効果のある水分を取らせるのがいいでしょう
おすすめの飲み物は、番茶・ほうじ茶
抗菌効果のあるカテキンが含まれています
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

赤ちゃんがインフルエンザの予防接種を受けても
あまり効果が期待できないのです
(しかも6ヶ月以上でないと受けられない)
インフルエンザの予防接種は、赤ちゃんよりも
お世話をする母親こそ受けるべきです

( ‘-^ )b

 
 

赤ちゃんのインフルエンザ対策におすすめグッズ

空気が乾燥していると、喉の粘膜のウイルス防御機能が低下し
インフルエンザウイルスに感染しやすくなります

また、ウイルスは乾燥した環境で活発に動くため
加湿器を部屋に一台置いておくことをおすすめします

(`・ω・´)

 
 

 

ウイルス除去率99%の除菌消臭剤チャーミスト

 



 
チャーミストは、レストランや保育園
病院でも使われている除菌商品です

チャーミストは通販で購入できます
(ここから買うと割引価格に)
( -`ω-)b

 
 
チャーミストの通販購入はこちら
ノロウイルス対策アマゾンNo1除菌消臭剤チャーミスト

 
 



 
 


成績を上げるにはポピーで充分!(紹介記事)
大人気の月刊ポピーのお申し込みはこちらから



Z会には幼児コースもあります! Z会の通信教育<幼児向け>
幼児時代にはZ会だけやってればオッケー♪(紹介記事)



タブレットを使った小学校の通信教育
◆スマイルゼミ◆の資料請求はこちら(お得になるキャンペーン中)


スマイルゼミの紹介記事がこちら



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ