なぜ?・・・成績が良くないのでしょうか?
答えは明確・ただ子供が勉強をやらないからと言う理由だけです
成績は、原因があって結果が出ているわけです

 

やることをやらないと気持ちが落ち着かない というようなことが子供にない
ま、いいや 適当にやった 頭は違うことを考えているからさっと早く終わらす
遊びばかりで、勉強はほぼしない!

 

それを改めないと成績が良くならない、低学年ならまだ、しつけをするには充分間に合う時期です
だんだん成長するに従って親の力が及ばなくなって行くので。
生活面でも勉強面でもです

 

ママショック

夏休みの間は「ま・いいか」と思って見て見ぬ振りをしていたんですけれど・・・
2学期に入ってもやっぱり遊びは元気にやるんだけれど・・・
1学期のテストもイマイチ悪かったし 小学校2年生だし小さいからまだのんびりでも良いかとも思うのです
が・・・私としてはもうちょっと勉強もして欲しいんですよね

 
会社員オーケー

遊びは元気には良いことですね なによりです おっしゃるように小学校2年生だし小さいから・・・
だから大丈夫です 今なら間に合います。
将来子供が困らないように、これから記述の項目に気をつけて!そうすれば自ずと成績も良くなりますよ

低学年で身につけておきたいこと

 

 

  • 毎日 短時間でも勉強をする癖をつける(習慣付ける)+(責任感を養う)
  • 毎日 親とも楽しくコミニュケーションが取れる(例えば遊びのこととか、勉強でわからないことある?とか子供に聞いてみて!)
  • 学校の用意は必ず子供が自分でする(手間でも自分でさせる)(親は手伝う形で)(子供を信用して、間違っても親が率先して用意をしない)
  • 挨拶ができる

 

親の力が及ぶ小学校低学年までに上の3点は押さえるべき
子育ては結果が出るのが 遅い・・・
上の3点を今のうちに身につけておくと 後々貴方の子供が有利に幸福に生きていける

 
大層な言い方で申し訳ありませんが・・・
社会に出たとき 責任感なし 会社でコミニュケーションが取れない
仕事は指示待ちの人 おはようも言わない なんて(>_<) 会社でも結構いますよね そういう人  

「やることはやる」生活習慣は今のうちにつけておく


 
もちろん遊びもどんどんやったらいいし
勉強ばかり低学年からする必要は全く無い
 

が やることはやる生活習慣は今のうちに身につけておくべきです
勉強もやるべきことです

 
小さいころに、毎日家で勉強することなく、のびのびと遊んで過ごした子どもは、勉強をする癖がついていません。
毎日遊び、勉強はしない、というのが当たり前になっているのです。
 
 
NHKeテレで尾木ママが・・・
これからは、自ら学び・追求していく学びのスタイルに変わっていきます と
親世代の与えられたものを暗記、実践学習スタイルから変わっていくと

↓下記の「あぁ 宿題!」の番組で言われておりました
http://www4.nhk.or.jp/hogosya/344/
 

新学習指導要領

 
2020年度から小学校新学習指導要領が施行されることを尾木ママは
「親世代の与えられたものを暗記、実践学習スタイルから変わっていく」と言われているのですね

 
自ら学び・追求していくスタイルとは ⇒ 親から言われること 先生から言われることを 一応留めた上の 
もう一歩 が必要になってきます
マニュアルの通り 言われたまま の方が誰しも楽ですよね
 

もう1歩 自ら考え行動するには やはり 毎日学習習慣付けは必要です