幼児の英語教材のおすすめ|NHKの英語教材

当ブログでの幼児の英語教材のおすすめNo1
NHKのテレビ番組
「えいごであそぼ」の英語教材である
えいごであそぼプラネットです

今回は、私なりのおすすめ幼児英語教材の選び方なんぞやらを紹介します

えいごえあそぼプラネットについては記事にしてあります(コチラ)

えいごであそぼプラネットの公式ページはコチラ(0~6歳の幼児向け)
NHK教育「えいごであそぼ」から生まれた0~6歳児向け英語教材!



英語教材の選び方

幼児の英語教材って、とても高いんです
(><;

当ブログでおすすめしている「えいごであそぼプラネット」は安い方で
世の中には10万を超える英語教材がたくさん売られています

そして、高いものほどボリュームが多いです

アナタのお子様が英語にかけられる時間は?

英語は学ばせたいのですが
日本で暮らす以上日本語も学ばなければなりません
社会のルールとか、生活するのに必要な様々な物、事
習い事なら、健康に育つように水泳とか運動系
女の子ならピアノのお稽古・・・と

子供は大変忙しいんです(><;

まさか子供に寝る時間を削れとは言えませんよね(笑)
(((‥ )( ‥))) ネー

貴重な、少ない時間しかないのに
ボリュームが多すぎるものを購入しても
費用対効果は薄いと思っています

圧倒的なボリュームはリスクが高い

確かに、ボリュームが多い方が、多く、長く勉強できるわけですから
お得ですが

子供が飽きちゃったら払ったお金は全部台無しです

子供の場合、勉強なんて考えていないので
楽しいか楽しくないか?が全て、なので
高い英語教材が、お子様にとって面白くなかったらその日のうちに使用するのを辞めてしまいます
(><;

要は、幼児英語教材が高いのが悪い

つまりこういう結論になっちゃいます(笑)
ボリュームは多いほうがいいけど、子供がやる気にならなければ
どれだけ量があっても全部ムダ!

もちろん、私のおすすめ英語教材(えいごであそぼ)も・・・

「えいごであそぼプラネット」のいいところは
ボリュームと価格のバランスがとても良いところです

もちろん、えいごであそぼに興味を持たれないお子様の場合は買ってもムダですが
そこそこのボリュームがあり
幼児英語教材にしては、そこそこ安いほうの値段というところが
おすすめポイントとなっています

えいごであそぼプラネットの紹介記事はこちら
公式販売ページ →幼児英語教材/えいごであそぼプラネット


成績を上げるにはポピーで充分!(紹介記事)
大人気の月刊ポピーのお申し込みはこちらから



Z会には幼児コースもあります! Z会の通信教育<幼児向け>
幼児時代にはZ会だけやってればオッケー♪(紹介記事)



タブレットを使った小学校の通信教育
◆スマイルゼミ◆の資料請求はこちら(お得になるキャンペーン中)


スマイルゼミの紹介記事がこちら



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ