Z会はトップクラスを目指す家庭教材で、レベルが高いと聞いていますが、幼児の部も難しくて
ついて行けないのでしょうか?
うちの子(3歳)と「どんなものか?」見てみました

 

マまはてな

小学校に入った時に・・・できれば勉強も出来る子にしてあげたいと言う親の希望があります 塾にまで
行かせて・・・とは考えておりませんが、幼児期から勉強にも自ら取り組める基礎は作っておきたいので
Z会を試してみました

会社員オーケー

無料でお試し教材が申し込めますので一度見てみてください お試しして頂いたからと言って
勧誘はありませんから、安心して申し込んでくださいね

無料お試し教材の申し込みはこちら




↑画像をクリックして無料お試しを申し込んでください
 
 
今なら、無料お試しをすると「春の好奇心おうえんグッズ」もプレゼントしてもらえます
 
 

年少さんの「春の好奇心おうえんグッズ」の説明

 

 
年少さんの「春の好奇心おうえんグッズ」は「ルーレットを回して遊びながらお題に取り組む」・・・
 

幼児期はまず、学びへ向かう意欲を育むことが大切だそうです。
おうちの方とルーレットにかかれた指示に取り組むことで、表現する楽しさを感じ、
「もっと表現したい!」という意欲を引き出します。

 

動物の動きや特徴をイメージしたり、思いどおりに体を動かしたりすることをとおして、想像力を養い、運動能力の発達を促します。
親子で一緒に行うことでお子さまのやる気もアップ。
表現すること、伝えることを楽しむことで、もっと表現したい!という意欲を育みます。

 

 

説明を読んだところの「ルーレット」のポイントは親と一緒にやること と 
もっと・・したいと言う意欲を引き出すこと ですね・・・

 
 

Z会が幼児期に目指すもの?

 

 
この時期は、先取りより「あと伸び」の力を養います
「自らすすんで学ぶ力」は幼児期にこそ付きます
幼児期は学ぶことを楽しいと感じる経験が必要・・・

    Z会教材で得られる5つの経験(Z会幼児コース監修者 武蔵野大学 教育学部 学部長 上岡先生より)

  • 自信(「出来た」を実感する)
  • 挑戦(幅広い体験)
  • 発見(実際にやってみる)
  • 創造(暮らしに身近な素材で創意工夫する)
  • 対話(親子の対話が大きく膨らむ様)

 
 
Z会をやっていた子供はなぜか、大学は良いところに入っている率が高いです

 
z会(の高校版)の口コミ・評判の一覧、大学受験はコレだけで完璧!の記事も参考に
 

ママオーケー

Z会の幼児版は 将来の為に「自らすすんで学ぶ力」を付けることを目指しているんですね

 
 

顧客満足度調査でZ会幼児コースは?

↓画像クリックで「Z会」へジャンプ



 
 
↓イード・アワード2018 家庭学習教材 幼児の部の結果です

最優秀賞 
 こどもちゃれんじ

部門賞
 効果のある通信教育 Z会 幼児コース
 子どもが好きな通信教育 こどもちゃれんじ
 教材がよい通信教育 Z会 幼児コース
 継続しやすい通信教育 幼児ポピー「ポピっこ
 学費の満足度が高い通信教育 幼児ポピー「ポピっこ
 受験・進学情報の充実している通信教育 Z会 幼児コース
 ブランド信頼性の高い通信教育 こどもちゃれんじ
 
 

顧客満足度調査の結果からZ会は・・・
教材がよい進学情報の充実している通信教育 で1番です
中身が良いと言う特徴が伺えます また、おもちゃ関係の付録はありません
「春の好奇心おうえんグッズ」のルーレットくらいです・・・

 
 

さっそく年少さんをうちの子とお試ししました・・・結果は?

 
 

親子で取り組む体験型教材『ぺあぜっと』年少さん

 
親子で取り組むもので親もサポートしてあげるもの
1回10分から30分を月に4回・・・が目安です

 

 
 
子供用教材です 
上の写真は、蛍光灯の光の具合で明るく軽く見えますが実際は、もっと落ち着きのある色です。
チャラチャラしていないというか 深みがあるというか
子供に見せる絵本は質の良い絵が良いと思うので、なにげに落ち着く色使い
良いですね 子供の情緒をも安定させる感じがします
目に優しい色達です・・・と私は思いました
 
 

内容は・・・?下記の絵のように 洗濯ばさみで洗濯物を止める・・・
当たり前の使い方もあるけれど もう一歩視点を変えて工夫して見る・・・
決してむずかくはないですが柔軟な発想力を引き出すようなおもしろい内容です

 
 
将来、子供が自分で、どんどん興味を持って物事を進められるように考えられていると思いました
他のページも「あと伸び力」を付けられると感じられるような内容でした
Z会が高いレベルの家庭教材であると言うのがうなずけます
幼児の簡単な教材の中に将来、力となるように力の素がなにげにそっと込められているんですね
 
 

 
 

年少さん・保護者向け情報誌『ぺあぜっとi』

 
既製の付録セットやDVD、キャラクターに頼らずあえて身近な素材や本物に触れる体験を子供にさせたい・・・
そのための声のかけ方遊びを発展させる工夫を載せています
 

 
 
保護者への子供接し方のワンポイントアドバイスとか
体験型教材のやり方コツとか 解りやすく説明してある
具体的に書いてあるから助かりますね

 

 
 

年少さん・親子で取り組むワーク教材『かんがえるちからワーク』

 
月24回が理想です 1回5~10分程度 パパやママと親子で会話しながら問題を解いてください
「もっと学びたい」気持ちを引き出します・・・との説明がありました
 

 
 
クレヨンで線をなぞったり 絵と絵を線で結んで数の概念が身につくようになっている
うちの子が大好きなシールも付いている
シールを貼って答えるようになっているし シールも貼れて楽しそう・・・
 
 

 
 
 
 
Z会空を飛ぶ生き物
↑ワークの冊子の中に使われている絵はやはり 落ち着いた感じで 例えば トンボの絵
本物のトンボのように細かく写実的に描かれています
重厚な感じで 本物みたい  心が落ち着く色使いだと思います
 
 

Z会森の中の道
↑線を書きます 途中でオオカミに襲われそうなこともありました(線が道からはみ出そうなことも・・・)
 
 

年少さん・外出先も楽しく『いっしょにおでかけブック』

 
「教える」のではない・「考えさせる」「会話がひろがる」仕掛けがいっぱいの絵本です
 

 
 
図鑑や探し絵などの要素が入ったミニサイズの絵本型教材。A5サイズでコンパクトなサイズです
絵本の端に子供に聞いてみよう!事柄も書いてあるし・・・
絵本を見ながら、子供が身につけるであろうことがたくさんあると思いました
 
 
Z会絵本泣くワニ
私「左下のワニさん泣いてるね」子供「ママがいてないから泣いてる」
私「なぜ?ママがいてないの?」子供「ママは病院に行ったからいない」
小さいながら、固定観念にとらわれない発想力ってすごいなあ と思って、ちょっと楽しくも笑えました
 
 

ワニさんのママが病院から帰ってきたそうです・・・(おさるさんのようですがママにしちゃいました)
(いつかおさるさんとワニさんの組み合わせに気付くのか?おかしいと本人が思うのか?思わないのか、楽しみです)
 
 

↑お店でくまさんがママとお買い物・・・お店の人は誰かな? ヒントはエプロンをしているよ・・・
と 子供と一緒にお話が広がります・・・・・子供の想像力を育てると思いました
 
 

絵本の端に 子供に聞いてみよう事も書いてあり、子供と一緒に絵本を見るだけで、どんどん話をふくらませられます
この絵本でも Z会は「後伸び力」を付ける土台作りを目標にしているのを感じました

 
 

ママオーケー

なんだかZ会って頼もしい・・・トップクラスの学力はまず幼児の時からの思考、習慣の積み重ねですね
新学習要項だと いままでの詰め込み式 では対応できなくなりますものね
幼児の時から知識を受身的に詰め込まれるのではなく、主体的「なぜ?」「どうして?」生まれるような学び方が必要ですね 幼児Z会は効果・教材の良さで満足度NO.1なのが解りました

 
 

感想とまとめ

 
Z会幼児の年少さんで思ったこと・・・

中身が良いと思いました(それに付きます) 付録やDVDはないですが、かえって落ち着いてじっくり出来ます。
色使いや内容に落ち着きを感じる チャラチャラしていないから 安らぎを感じました
幼児期からじっくり取り組める教材です 年少さんは 難しくなかったです 「後伸び力」を付ける時期だからでしょう
 
幼児期からZ会に慣れておくと そのまま小学校になりレベルが高くなっても出来るような気がします
中学生になったら子供は親の手を離れますから、今の幼児期にこそ「Z会」で基礎を作っておこうと思いました
 

最後に幼児コースのZ会の価格表・・・

 
 

幼児対象年齢Z会1ヶ月価格(税込)
年少2015.4/2~2016.4/1生まれ1,786円
年中2014.4/2~2015.4/12,379円
年長2013.4/2~2014.4/12,420円

Z会の幼児コースの価格表の金額は(12ヶ月一括払いの場合)
 
 
Z会 幼児コース