学校が始まったものの、コロナ休校の期間が長かった為に子供たちは大変です

生活リズムを戻さないといけません
「毎日朝早く起きて学校に行く」「授業時間はじっと机に向かう」

体がしっくり戻っていない上に、遅れを取り戻す必要がある為授業のスピードが早い・・・
理解してついて行くのもファイトが要ります

そんな時の家庭学習は、まず、教科書に載っている基礎を確実に身につけられるようなものが最適です
 
 
ポピーは内容よし価格も安い
 
 
小学校家庭学習教材は、受験を見据えたもの、応用力をつけるもの、基礎力を重視しているものと様々のタイプがありますが、
ポピーは教科書に沿った内容で、基礎力をつける中身が、価格のわりに充実しているので根強い人気があります

教科書にある内容を確実に身につけなくてはいけない今だからこ「ポピー」の良さが生きてきます
 
 

コロナ休校中のオンライン学習は?

オンライン学習

ニュースにありましたが・・・

休校中のオンライン学習が出来たか?どうかは地域差があったという事です

都市部に住む子供で、例えば東京23区では7割がオンライン教育が受けられた・・・
しかし地方に住む子供たちは「受けていない」と答えた人が6割を占めていた・・・

地域格差があったそうです

教育新聞より抜粋↓

 

新型コロナウイルスの感染拡大による生活意識や行動の変化を尋ねた内閣府の調査結果が6月21日公表され、
子育て世代約2000人に小中学生のオンライン教育について聞いた

オンライン教育を受けている」と答えた人は全国で45.1%だった。
東京23区では7割近くが、学校か塾などで子供がオンライン教育を受けていると答えたのに対し、地方圏では受けていないと答えた人が6割を超えた。

オンライン教育の普及は都市部が先行しており、地域によるばらつきが広がっている実態が浮かび上がってきた。

オンライン学習を受けられた子供さんはラッキーでした
しかし地方の公立小学校では、オンライン学習はやりたくても出来なかった現実があります

3ヶ月の間、オンラインで学習を進められた子供さんに比べて、受けられなかった子供さんは不幸でしょうか?

いえいえ 不便ではありましたが不幸ではありません
悔しい気持ちを、バネにして、もっと勉学に励めば良い・・・

何ヶ月後かには、遅れを取り戻してもっと先を学んでいるよう、今は基礎に重きを置いて基本を頭に叩き込んでおきましょう
 
 

学校はどうして授業の遅れを取り戻す?

学校

 

学校はコロナ休校で生じた遅れをどのようにして取り戻そうとしているのでしょうか?

夏休みを短縮、週1くらいは7時間授業を行うなど工夫が必要になって来ざるを得ない状況です

でないと3ヶ月の学習の遅れは補えません

朝日新聞ニュースより抜粋↓

石巻市の石巻小学校の教務主任はこの3カ月、今年度の時間割づくりに追われっぱなしだ。
年間の授業計画は、文部科学省が学習指導要領で定めた「標準授業時数」を踏まえ、各学校が決める。
だが、休校が長引いたことで授業に充てられる日数は次々と減った

市教委は小中学校の夏休みを当初の36日間から12日間に短縮する。
石巻小の場合、「標準授業」を確保したうえ、運動会などの学校行事もこなすと約12日間分が足りない。

授業時間が減れば、学習についていけない子が出かねない。例年と同じ程度の授業時間を何とか確保したい
ならば夏休みを返上して授業時間を工面しなくては仕方がない

 

学校は再開したものの、今月は、子どもたちが学習リズムを取り戻すのに手いっぱいだ。
来月以降、時間割をどうするか――。学年によって週1日程度、7時間授業の日を設ける検討を始めている。
でも、小学生だと集中力が続きづらい

「7時間」の日は、1、2時間目を合わせた連続授業を採り入れ、理科の実験や図工などを割り当てたらどうか。
下校時間が大幅に遅くならないように、掃除の時間を短くしたらどうか。

 

先生たちの模索は続く。学校で3日に開かれたPTAの役員会で、校長も保護者に、こう理解を求めた。
これからの学校生活は、昨年度までと全く異なりますから

 

丸森町の大内小学校では、6年生の授業が約130時間分減った。
4年生以上は毎日6時間授業にし、始業式や終業式の日も授業をして不足分を補う予定だ。

 

夏休みが減る?

夏休み

3ヶ月の休みの授業を補うには、学校も子供も大変です
無理をせざるを得ない状態です

夏休みを短縮して登校させるとなると、熱中症への対策も必要です
早急に教室にクーラーが必要です、全教室にクーラーを設置することにもなります

子供たちもせっかく楽しみにしていたであろう夏休みが減り
暑い中を学校に行かなくてはいけないですから、不本意であろうと思われます

こんなことは、ここ何十年間を思い返して初めての異常事態です
 
 

小学ポピーの特徴

ポピー他社と価格比較

教科書に沿った基礎力を養える家庭学習教材なら、言わずと知れた「ポピー」です

小学ポピーの特徴は何なのでしょう?

主なものを5点あげます

ポピーの特徴

学校の教科書に沿った内容

基礎力が付く

難しすぎないので続けやすい

価格が他の教材と比べて安い

学校にドリルや資料を卸している「新学社」の発刊

 
 

ポピーは学校の教科書に沿った内容

成績アップ

ポピーは地域の学校で使われている教科書に沿った内容になっています

基礎力を定着させるためには、とてもよい教材と言えます
学校で習ったことを、よく似た問題で、もう一度ポピーで復習する形式は、しっかり内容を自分のものにすることが出来ます

ポピーは「ワーク」「まんてんチェック」「テスト」「答えとてびき」と、主な教材が毎月届きます

どのように使うのか?・・・ですが

ワークで復習

ポピーの「ワーク」の特徴は・・・?

ワークには教科書ページを大きく表記しています
教科書のそのページを読んだ後に「ワーク」に取り組めば、教科書に沿った復習ができます

教科書と「ワーク」のダブル学習で理解が深まり、学校から課題で出されたドリルやプリントにも間違いなく取り組みやすくなります

算数ワークの例
ポピーワークさんすう

算数ワークには、教科書の対応ページが大きく表示されています
教科書のこのページが終わったここの「ワーク」で復習するというわけです

ポピー国語ワークの例
ポピーワーク国語

教科書と同じ文章が載っているので問題を解く際にはなじみやすく、考えやすく、頭に残りやすいです

「まんてんチェック」で具体的に問題を解く

お任せ
ワークの中にある単元ごとの「まんてんチェック」でどれくらい理解できたかをチェック

できない問題があれば、その問題を重点的に理解するようにしてください

ワークで(復習)⇒まんてんチェックで(確かめ)⇒テストで(力だめし)する流れです

「答えとてびき」でまるつけ

ポピー 答えと手引き

「ワーク」とワークの中にある「まんてんチェック」をした後は「答えとてびき」で答え合わせをします
ポピーは「答えとてびき」が充実しています

ポイント解き方のヒントが詳しくのっているので、つまずいた問題もきっちり理解

丸付けで間違いを見つけたら、「答えとてびき」の説明文を読み、間違い箇所をチェック
正しい解き方をもう一度ワークや教科書に戻り習得します

間違い箇所は保護者の方の手助けがあると、早く解決策が見つかります
子供が「ママ、ここが解らない・・・」とSOSがあった場合は少し目を通してあげてください

勉強がよくできる子供は、家での保護者の協力があることは確かです
小学校の低学年のうちは尚更、その傾向は顕著に現れています

もし高学年などで塾に通っている子供さんなら塾の先生に分からない点を質問しましょう
ポピーの「まんてんチェック」と「答えとてびき」で自分の解らない箇所を見つけられる・・・

つまり勉強する際に的が絞れて、学び直せるので苦手が克服でき、ポピーをやる意味があるという訳です

ポピーなら学校のテストで良い点を狙える!

成績を上げたいならポピー

ポピーに毎月付いてくる「テスト」は教科書に合ったもの
本番のテストの備えに最適です!

テストには教科書の対応ページが記載されています

テストをやってわからないところは、教科書に戻っておさらいをしておきましょう

本番の学校でのテストではサラサラ出来るように、ポピーのテストで前準備、勉強しておいてください

ポピー内容のまとめ

ポピーは「ワーク」「まんてんチェック」「テスト」でくりかえし学習ができる・・・
つまり、ダブルチェックするうちに、つまずいたところがすぐに見つけられます

成績を上げる第一歩は自分のつまずき箇所を知ることから・・・
知ったら、つまずき部分を繰り返し学習して、解らないままにしておかないこと

それを実行していれば、教科書に載っている問題の基礎力がついて、自ずと成績が上がります
 
 

ポピーの発刊元は学校にドリルや資料を卸している「新学社」

新学社はドリルや資料を学校に納入している

「月刊ポピー」は、株式会社 新学社が発行している家庭用教材です

新学社は、全国の小・中学生を対象に、ワークやドリル、問題集などを学校へ提供している会社

なので小学ポピーには、学校教材作りのノウハウが生かされているのです
ポピーは創刊以来45年以上にわたり、実績のある教材です
 
 

ポピーは続けやすい価格

ポピー小学生価格

ポピーは余分な付録が付いていません
また添削指導がありません

学習に本当に必要な教材をシンプルにまとめているので、価格が抑えられているのです

小学ポピー 会費/月(税込)↓

学年毎月支払い価格
小学1年生2,500円
小学2年生2,900円
小学3年生3,300円
小学4年生3,300円
小学5年生3,800円
小学6年生3,800円

 

ポピーのこの金額は他のZ会やスマイルゼミやまなびwithに比べて、かなり安い価格です

塾に比べると1/3~1/4の価格で済みます

他社と価格比較

ポピーは価格が安い
こちらは、大手とされる通信教材の値段(小学1年生のもの)を比較した表です↓

教材名価格/月
進研ゼミ3,680円~
Z会4,620円~
まなびwith3,685円~
スマイルゼミ3,880円~(専用タブレット9,980円)
ポピー2,500円~

 

ポピーが他の通信教育と比べて安いことがわかります

スマイルゼミは最初に専用タブレット代金が別途必要です

Z会はコースがいろいろ選べます(スタンダードの価格を表示しました)
 
 

ポピーのメリットとデメリット

ポピーをおすすめしたい人は

どんな教材でもその子により、また家庭事情によりメリットにもなり、デメリットにもなります

ポピーのメリット

学校の教科書に直結している

基礎力を身につけられる

価格が安い

難しすぎないので子供や親の負担が少なく続けやすい

ポピーのデメリット

中学受験に対応していない(コースが選べない)

難しい応用問題がない

添削指導がない

ポピーはZ会やまなびwithのように応用問題がたくさんある教材とは違い基礎を重んじています

基礎力をつけることを大事に考えられる方には向いています
が中学受験や応用力を望まれる方には物足りないと感じられる可能性があります

しかしコロナ休校で学校の授業がタイトな今には、ポピーは最適な教材です
 
 

新学社のポピーはこちらから

ポピーは無料お試し請求で見本教材を郵送してくれます
無料教材を取り寄せても無理な勧誘はありませんのでお気軽にお試しできます

画像クリックで新学社発刊のポピーへジャンプ↓


「成績を上げるにはポピーで十分」の記事もご参考に↓