ネットのオンライン英会話教室といえば

安い です

その理由は

講師がフィリピン人 だからです

 

詳しくは前回の記事を参照してください

今回はその続きです

 

フィリピン英語の発音はどうなの?なまっていますか?

 

ハイ、訛っています!

 

んじゃフィリピン人講師の英会話やめときます(^^;)

まってー(´;ω;`)

なまっているけど問題はないのです

フィリピンの英語の発音は、Wikiを切り抜くと

フィリピン英語独特の変化というと、[f]音が[p]音になったり、[v]音が[b]音になったりすること、[-er]の時に[e]音が強くなること。

例:

  • Awry = [‘awe-ree]

  • Filipino = [pili’pino] or [pʰili’pʰino]

  • Victor = [bik’tor]

  • Family = [‘pɐmili] or [‘pʰamili]

  • Varnish = [‘barnis]

  • Fun = [pɐn] or [pʰan]

  • Vehicle = [‘bɛhikel] or [‘bɛhikol]

  • Lover = [‘lɐber]

  • Find = [‘pɐjnd] or [‘pʰɐjnd]

  • Official = [o’pisʲɐl] or [o’pʰisʲɐl]

  • Very = [‘bɛri] or [‘bejri]

  • Guidon = [gi’don]

  • Hamburger = [‘hɐmburdzʲɛr]

  • High-tech = [‘hajtɛts]

  • Hubcap = [‘habkab]

  • Margarine = [mɐrgɐ’rin]

  • Seattle = [‘sʲatel]

  • Shako = [sʲa’ko]

と、フィリピン英語の発音は確かに訛っています

でも、

「んじゃ英会話の講師失格じゃん!」 とはならないのです

全ての英語は訛っている

なまっているといっても、言語が違うわけではありませんし、フィリピンで英語を話している人はちゃんと他の英語圏の国にいっても会話ができます

ただ、話がわかるようになるまで少し時間がかかります

国が違えばなまりが出てくるのは当たり前です(日本でもいっぱい方言あるでしょ?)

アメリカだって広いですので、南部 北部 中央部 首都圏 と訛りがあります

これらはかなりひどい訛り(?)でアメリカ人ですら話がちゃんとわかるようになるまで時間がかかります

時間はかかるけど、慣れればすぐに会話できるようになります

無駄にはなりませんので、安心してください^^

良かった関連記事も見てね♫