「うちの子まだ小さいんだけど、何か資格とれないかしら?」

なんていう人はあまりいないかと思いますが

「うちの子もそろそろ英語の勉強させて、そのうち英検の資格とらせようかしら?」

っていう人のニーズにはお答えできます(無理やり)

英検の3級は中学校卒業レベルなので、まだまだ先が長いですからね

英検を受験する前に、いい練習材料があります

 

児童英検は今流行っている幼児用の、子供版英検です

 

※児童英検と英検はまったくの別物です

 

もしかしたら幼稚園や英会話教室で聞いたことがあるかもしれませんね(*´∀`*)

年間約10万人も受験しているそうです(;゚Д゚)!

検定試験なので、小学校受験のときの資格としても活用できるかもしれません

ちなみに・・・
流石にこれは履歴書には書いても意味ないです
英検は2級か準2級ぐらいから、履歴書にかけるようになります。
児童英検を、資格を持ってる!と胸を張れるのは5~6歳くらいまでかと思われます
通用するのは小学校受験までの期間ですが、
合格がないため受験の好材料にはならないかと思われます(後術)

児童英検の受験方法は、ペーパー形式とオンライン形式の2つがあって
ペーパー形式は、主に英会話学校や小学校で用いられています

少人数実施や個人での受験などはオンライン形式を利用してください

児童英検には3つのグレードがあり、下からブロンズ、シルバー、ゴールドがあります

「聞き取れているかどうか」に主眼を置く試験で、合否判定は行わず、達成率(%)でテストの結果が通知されます

(wikiより)

 

児童英検は不合格がありません
ただし、合格もありません  Σ(゚д゚lll)

 

これは、子供の英語学習の目標として児童英検を活用するのが良さそうですね

子供の自信につながりますが、問題のレベルはというと・・・

 

児童英検の難しさは、最難易度のゴールドが英検5級のリスニングと同じレベルだそうです

英検5級は中学初級レベルだそうですので、ゴールドは結構難しいですね・・・

 

まぁでも、就職には約に立たないし、

英検の練習だし

これで子供のやる気が引き出せればいいかな~って感じの検定です

2015年から児童英検は英検Jrに改名されるそうです

 
【英検公式教材】児童英検にリスニング教材が登場!おうちでできる。