アナタの子供さん、知らないうちに勝手にゲームに課金していませんか?
 
私はゲームに課金(スマホゲームの課金が悪質です!)を行うことは
ギャンブル依存への下り坂だと思っていますが
ネットでは、「親に課金がバレない方法」を紹介したサイトが沢山ありますね
(;´Д`)
 

敵の戦い方を知るのは兵法の基本です
子供のゲーム課金をあらかじめ食い止めるために、親御さんであるアナタは
課金がバレない方法をしっておくべきだと思いますので
この記事で簡単に、親に課金がバレない方法について知って
課金できなくするにはどうすれば良いかを考えましょう

 

1ヶ月で数百万の請求が来た
なんていうニュースがあったので
子供がスマホに勝手に課金していないか
親としては心配ですよね

子供の課金が問題になって
スマホゲーム業界は規制されたのですが
抜け道は色々あるようです・・

スマホゲームで破産者も!?課金はギャンブルと同じ

 
最近のゲームはネットに繋がるのが普通です
ゲーム会社は売りっぱなしにするのではなく
ネットを利用して、ゲームのアップデートや不具合の修正を行ったり
ネットを介して他の人とゲームを楽しむオンラインゲームサービスをやってる会社が殆どです
 

「売りっぱなしにしない」といえば聞こえは良いですが
具体的には、ゲームソフト本体価格以外の追加料金を払うことで
ゲーム内のアイテムがもらえたりゲームが有利に進めたりするという新しい販売方法をとっています
ネットでは、この販売方法のことを「課金(課金商法)」と言っており
昔と比べて悪質な売り方なので色々なところで揶揄されてます
(;´Д`)

 
 

課金の代表

  • 追加コンテンツ
  • ガチャ
  • ゲームを有利に進められるアイテムの販売

スマホゲームガチャは非常に評判が悪いので、説明しなくてもご存知かと思います
(あとでガチャの恐ろしさを紹介します)

課金は、ゲーム内アイテムの販売という種類の商品として販売されますが
ネットにつながってなかった頃の昔のゲームなら
最初にゲーム代金を払えば全てゲーム内で手に入れられたものを
今では課金販売の為にあえてゲーム内に入れない(ダウンロードして販売する)という販売方法をしてます
理由は簡単、そっちのほうが儲かるからです

課金
 
 
課金システムのデメリットについては、アナタも既にご存知かもしれません
課金が問題になったのはスマホゲームのガチャ(ガチャガチャ)で
子供でも簡単に、際限ない課金ができたため
親の知らないところで子供が勝手に課金をし続け
1ヶ月で数十万~数百万の請求が来たというニュースが流行りましたね
 
 

子供が勝手にスマホガチャで課金し
あとで高額な請求が来たという事件を重く見た政府は
スマホゲーム・スマホアプリの課金に制限を課すことにしました
現在では18歳未満の子供が親のクレジットカードを使って
スマホゲームに際限なく課金することはできないようになっています

 

スマホゲームに課金してもらえるアイテムなんて、所詮ただのデータですし
ガチャなんて何円使ってもお目当てのものが出てこない可能性があります
子供がガチャをやっているということは、ギャンブルをやっているのと同じ
・・・というか、既に裁判所はガチャをギャンブルと同じに扱っています
ゲームへの課金が原因での自己破産は裁判所は認めてくれません
 
まともな親なら、子供にギャンブルなんてやらせたくはないでしょう?
課金という販売方法自体に道徳的な問題があると思いませんか?
ヽ(`Д´)ノ

 
 

課金したかどうかのチェック方法と課金させない方法

 
明細書を見れば課金がわかる
 

もっとも効果がある子供に課金させない方法は
子供が課金できないようにすることです

ゲーム・アプリに課金するときは、通常以下の支払い方法を選びます

  • クレジットカード決済
  • 電子マネー決済
  • (スマホの場合)キャリア決済

どちらの支払い方法でも、課金したゲーム機・スマホの支払い履歴に残ります

 

クレジットカード決済なら、クレジットカードの支払い履歴を確認すれば
課金したことを確認することができますが
電子マネー決済(コンビニで売ってるプリペイドカード)で課金した場合は
課金したゲーム機・スマホの履歴を見る必要があります
キャリア決済は、月々に送られてくるスマホ代の料金明細書で課金履歴を確認できます

 

クレジットカード決済は、スマホやゲーム機にクレジットカードを登録しなければ使えないので
クレカを使った子供の課金は簡単に防ぐことができます
また、プリペイドカードは前払いなので子供のお小遣いの範囲内で課金することになり、何百万もの請求が来ることはありません
それでも嫌だと思いますが、キャリア決済よりはマシです

 

危険なキャリア決済

 
キャリア決済は、AU・ソフトバンク・docomoの大手携帯会社の決済方法です
キャリア決済を使った課金(キャリア課金)は発見が難しく
限度額を決めておかないと、子供でも際限なく課金することができます
 

子供にスマホを持たせるときは、キャリア決済をできないようにするor上限を決めておくといった対処法をとりましょう

 

親に課金がバレない(といわれている)方法

 
勝手にガチャをやる
 

さて、子供が勝手に課金していないかどうかを確かめるには
親に課金がバレないと言われている方法を知る必要があります

言ってみれば、その課金が
バレない方法をチェックすれば、子供の課金を防げるわけです

・・が
結論から言うと、子供の課金を親が調べるのは難しいと言わざるを得ません
(;_;)

 
 
その、親にバレない課金方法というのは「プリペイドカード」を使った方法です
実際にはプリペイドカードを使っても、スマホやゲーム機ごとに課金履歴は残ります

スマホなら、親御さんも普段から使っているでしょうから
課金履歴の調べ方はわかると思いますが
ゲーム機の履歴の調べ方は難しいかもしれません

 
 

プリペイドカードを使った課金は発見が難しい

 

 
コンビニでは最近沢山のプリペイドカードを販売していますよね?
Amazonとか楽天市場のプリペイドカードもあるし
任天堂のゲーム機に使うプリペイドカードやSONYのゲーム機用のプリペイドカードも売られています
そしてもちろん、スマホゲームに使えるプリペイドカードも売られています
(;´Д`)
 

※スマホゲーム用のプリペイドカードは
Androidだと、Googleplayギフトカード
iPhoneだとiTunesカードです

 
 
プリベートカード
 
 

プリペイドカードを使ったゲームへの課金を親が発見するのは困難かと思います
月々の携帯料金の明細にも載りません
ストアに登録してあるメールアドレス(○○○@gmai.com)に決算メールがいくので
それをチェックすればわかるのですが
子供が先にメールを開いて、決算メールを削除してしまったら終わりですし
子供が親に内緒で新しいメールアドレスを取得してしまっていたらどうしようもありませんし
そもそも、最近では決算メール自体が送られてこない時があります
(>_<)    

子供の課金を予防する方法

 
課金金額
 
 

子供の課金を予防する方法で効果的なものは次のとおりです

  • クレジットカードを持たせない
  • お小遣いをあげない
  • お小遣いの使い道を現物で見せてもらう
  • キャリア決済できないように設定する(スマホの場合)
  • スマホ・ゲーム機の設定で課金そのものをできなくする(制限を設ける)

iPhoneだと設定の機能制限のところから、APP内課金を制限することができます
機能制限はパスコードを使う為、子供にパスコードを教えなければ
勝手に変更して課金できるように変えてしまうことができません
(ゲーム機でも利用制限できる機能がついています)

 
 

課金しても良いことはない

 
課金して得られるものは、一時的な満足感だけです
スマホゲームに課金して良いガチャが引けても
今引いたガチャは半年後には使い物にならなくなっているでしょう
(スマホゲームを運営している会社も商売なので、今以上に良いガチャを用意してくる)
 
 
ガチャを引く目的で行うゲーム課金より
パチンコ・スロットの方がお金が増える可能性があるだけまだマシなレベルかもしれませんね
アナタも子供とじっくり話し合って、絶対に課金しないように教えておきましょう
m(_ _)m
 
 
話し合い