幼稚園児や小学生をお持ちのあなたの家庭では ゲームについてどのように考えているでしょうか?

ゲームを、一般的な娯楽として肯定的に捉えていますか?

それとも、生産性がない時間を無駄にするものとして、否定的に捉えていますか?
今回の記事では、子供にゲームを禁止にしている人たちの意見を紹介したいと思います

ちなに私はゲーム反対派ですが・・・続きは最後に紹介します

 

一番人気の子ども用オンライン英会話、リップルキッズの詳細



この知恵袋から抜粋します、回答数がとんでもないです(笑)

 

ゲームセンターのゲームは一日中していられるものではないし、持ち運びできるようなものでもない。
スーパーファミコンが普及しだしたときには目が悪くなる・友達と遊ぶより一人で遊ぶようになりコミュニケーション能力が落ちる、想像力が養われないなどの批判もあったが、基本的に一家に1台しかないテレビでするゲーム。
チャンネルの優先権がまだ父親または両親にあった時代ですから、一日何時間まで!と制限することが出来る。

しかし今は携帯ゲーム機やオンラインゲームなど多岐にわたっており、
食事中もゲーム機をいじっている子供、遊園地に家族とでかけていてもゲーム機をいじっている子供など、
ゲームを片時も手放さない子供になる危険があります。
自分を律することができないうちからゲームを持たされ、制限されることもなく、また制限することが難しいのですから当然です。

息子さんはゲームにのめりこみすぎていないようなので現段階では問題ないでしょうが、全ての子供が同じようになるという補償はありません。
私は家族ででかけているのに電車の中で一人ゲーム機をいじっている子供や、ファミレスでゲーム機をいじっている子供を見ると、子供にゲーム機をもたせるとロクなことにならないと思います。

wiiは家族や友達とみんなで遊びましょう、というコンセプトのゲームだから親がきちんと管理していればいいと思いますが、PSPやDSは自分の遊びたいという欲求を我慢することができる年齢になるまでは与えるべきではないと思います。

 

 

昔のゲーム(ドンキーコングとか)の画面は、電卓のパネルみたいな程度で、ギラギラした照度は無かったので、

今より、目の負担は少なかったです。
二次元的な動きしか無かったし。

で、問題なのが、三次元でリアルに表現された暴力的なゲームで、
小さいうちから、激しいリアクションで戦って相手を倒すゲームをしていると、
人に暴力をふるっても、相手がコンティニューすれば元に戻ると思うそうです。

実際、小学生の一部が「人を殺しても、リセットすれば生き返る」と思っているアンケート結果が出ていました。
(10年くらい前の新聞で出てました。)

だから、我が家では、ゲームをするなら1日30分、とか、暴力的なゲームは買わない。
など、ルールを決めます。

 

頭も使わず生のコミュニケーションも無く、ただ何となく面白いから程度で時間を食う人気ゲームがあるからさせたくありません。自分がやって時間の無駄だったと思いました。しかし全部我慢させるのは良くないと思うので、時間制限程度でいいと思います。要は、時間の使い方をソフトの中から選ぶのではなく、もって広く楽しみを知って欲しいです。

 

我が家も禁止です。
理由は時間の無駄だから。夫婦一致の意見です。

人生長いようで短いです。でももてる時間は限られています。
一体ゲームからどれほどの利益が得られるのか?
感受性豊かに、応用力のある、人生に愉しみを見出すことのできる子に育って欲しいと思ったら、
親は多少面倒でも、ゲームの電源を入れるのではなく、
子供の正面にたち相手をしてあげることだと思います。

モノにふれて、考えて、失敗して成功して、子供は驚くほど成長するんだと思ってます。

というわけで、我が家はゲーム中毒家庭とは疎遠です。
もちろん、そんな家庭もあるんだとは理解していますし、否定はしません。
価値観の違いですから。

ちなみに、主人はたまに携帯ゲームをします。
頭で何も考えずに過ごせる楽な時間だからだそうです。
でもその彼も、「無駄な時間」と断言できるそうです。

ボードゲームと電子ゲームではまったく脳の使用法が違うそうなので、一緒ではありません。

 

 

ゲーム世代だからこそゲームの麻薬性や怖さも身に染みてるのかも。
私も任天堂の64世代で、任天堂バトル初代にはお世話になりました。任天堂さんがキューブになってから少しまではお付き合いしていましたが、自分の子供にゲームを与える気は湧きません。
大人になってから自分の趣味として持つ分には構いません。ですが、子供時代に渡す気はしない。

 

 

 

 

ゲーム禁止の理由は人それぞれありましたが

私の意見と同じものが結構ありました

 

子供を遺伝子検査して、才能を調べるって!?詳細はこちら

GIQ子ども能力遺伝子検査

私の意見

ゲームは学校でのコミュニケーションツールになっています
私の子供の時から、休み時間はゲームの話題をいっぱいしていましたし
友達の家に遊びに行っても、みなテレビゲームで遊んでいました
ゲームを持っていないと、周囲の話題に入りずらいのです
なので、小学校3年くらいになったら、流行のゲームを与えるつもりですが
それまではテレビゲームは与えないつもりです

理由は

  1. 幼児期には外に出て、たくさんのことを知ってほしいからということ
  2. ゲームの成長期の子供の目に与える影響
  3. 小3までは、周りの子がゲームの話をあまりしないこと

以上の3つです

 

 

子供の時はいろんなことをしてほしい

 

子供の時からいろいろなことに興味を持って欲しいというのは、ほぼ全ての親が子供に望んでいることではないでしょうか?

息子(娘)のココロの成長のため、広い知識を得ること、などなど

ゲームって麻薬みたいなもので、子供にとってはとても刺激的で面白いものです

そんなに刺激的なものを与えてしまうと、そればっかり求めてしまいます(><;)

要は、ゲームばっかりになるのが怖いのです(^^;)

 

 

ゲームは子供の目に悪い

ゲームに限らず、テレビなどもダメ

懐中電灯みたいに明るく照らすものを見続けことは、成長途中の子供の目に悪いです

といっても私は小学校にあがったときにファミコンを与えられて、マリオを毎日やっていましたが

視力は両目とも1.0あります

実は私の家では「ゲームは一日30分」という決まりがあったのです

それにマリオはあまりチカチカしなかったし(グラフィックも悪かったし笑)

 

しかし、今のゲームの流行りは、ポータブルゲームですよね

DSなんかのポータブルゲームをやることは、もっと目に悪いです

目からの距離が近いことが問題です

 

ファミコンの場合は、テレビでやっているのだから目からは距離がありますが

DSは手に持ってやるので当然距離をはなすことはできません

長いことやるほど近視になってしまう可能性が飛躍的に高まります

しかも最近のゲームはファミコンのマリオとは違って、派手に光るし(^^;)

参考サイト その1その2

 

 周りの子供とゲームでコミュニケーションをとる年齢

gn-20131216-08

 

周りの子供がゲームを与えてもらう年齢は、小学校中学年で既に40%超です

これを見たとき、ゲームは小3からと決めました(笑)

本当はゲームを与えたくはないですが、それが原因でいじめにつながるかもしれないと思うと・・・ね(^^;)

 

以上で終わります

良かったら、下の関連サイトも見て下さいm(_ _)m