もうすぐ小学校入学されるお子さんがおられると、「~を身に付けておいた方が良い?」
「何を教えておいたらいいのかしら?」と気にはなるものです

 
 
入学式
 
そうジタバタしても仕方ないとは言うものの、子供に教えておいた方が良いことはありますよね
学校の始まりに向けて、生活面、学習面と2パターンで身につけておきたいことを学習しましょう

 
 
皆さん、読み物などで良くご存知とは思いますが、実体験で「これは必要だった」ポイントをまとめました

学習面の身につけておきたいことは以前の記事をご覧いただきたいです↓
小学校入学準備は何が必要?知育面で親が子供にしておくこと
 
 

生活面でもう出来ていること

マまはてな

小学校入学と言ったって、幼稚園に行っていたから、もう出来ていることって多いよね

小学校入学までに身につけておきたい・・・生活面でもう出来ていることはたくさんあります
幼稚園や保育園でもうできていることは、まずは安心です

もう出来ているだろうことは以下のものです↓

    今更、教えなくても?大丈夫なこと7点

  • 1・返事あいさつが出来る
  • 2・ごめんなさい」「ありがとう」が素直に言える
  • 3・約束、決まりが守れる
  • 4・おトイレに行きたいです」と自分から言える
  • 5・着替え、荷物整理など自分のことは自分で出来る
  • 6・朝、時間に起きられる
  • 7・友達と仲良く遊べる

子供さんは幼稚園や保育園で集団生活を送ってこられたと思います
その為上記の7点は心配なく、もうすでに出来ているのではないでしょうか?

しかし今一度、言葉で子供に教えておいてあげてください
小学校に行っても、こんな時はこうしようね!と言って練習もしてください

教える中で子供に「幼稚園でやってた」「同じだ」と認識しておいてもらいましょう
子供が小学校だからと不安になったり遠慮したりしては困ります

のびのび学校生活を送れるように「幼稚園と同じダヨ」と安心感を持つようにしておいてあげて・・・
親ものんびり安心していましょう!
入学おめでとう!の楽しい気分で入学を迎えてください・・・

 
 

もうできることは伸ばしておく

マまビックリマーク

もう幼稚園で出来ていたことを再度確認しておくとなお安心ですよね
実際、おさらいをやって再確認しておけばいいよね!

1・返事、あいさつが出来る
2・「ごめんなさい」「ありがとう」が素直に言える

1番の返事や挨拶が出来た時、褒めてあげましょう
「ワーいいお返事ねぇお兄ちゃんみたい」みたいな感じで・・・

恥ずかしがり屋で声が小さい子もいます
日頃から大きな声で親が返事やあいさつをしてお手本を見せておく

子供が大きな声で返事ができれば褒めること
挨拶は家族ないでも省略しないことがポイントです・・・

2番のごめんね、ありがとうは友達関係に響きます
相手が痛いだろうと思ったら「ごめんなさい」と素直に言えれば相手も「いいよ」と思います
「ありがとう」と言ってもらえたら、また助けてあげようと相手が思ってくれるものです

親がお手本を見せて、褒めて伸ばしておくと友達関係が良くなり、学校に行くのが楽しくなります

 
 

3・約束、決まりが守れる

約束や決まりが守れるようにしておいてください
幼稚園や保育園でも約束や決まりはありました・・・が小学校は決まりがキツく多くなります

子供はしばらく窮屈に思うかもしれません
幼稚園では緩やかであった「時間」を守ることが重要視されます

例えば休み時間で楽しく遊んでいてもチャイムがなったら教室に戻り、授業を受けなくてはなりません
家庭でも時間を決めてなにかをする・・・経験をしておくと良いです

幼稚園から帰ってきたら、遊ぶ時間は何時までとか、何時になったら寝るとか・・・
ここでも守れたら大きく褒めてあげてください
守れなかった時は「なぜできなかったか?」子供と原因やこれからどうすればいいか?を話し合ってください

 
 

4・「おトイレに行きたいです」と自分から言える

困ったときは自分から言えるようにしておくことは早速必要です
授業中であっても「おトイレに行きたいです」と言えるように・・・

家庭では子供の気持ちを察して親が先回りをして言ってしまわないことです
子供が「牛乳」と言ったら「牛乳をどうしたい?」と聞き返すようにしましょう

言えない場合は言い方を教えて、子供に復唱させる・・・
身に着けさせたいことは、言って聞かせるだけではなく、実際させてみて練習をすることがいいです

「おトイレに行きたい」というのが恥ずかしくて言えないかも?と心配な方は・・・
休み時間にはおトイレに必ず言っておく事を子供に言い聞かせておく
担任の先生に気をつけてもらえる様お願いしておくことがいい方法ですね

 
 

5・着替え、荷物整理など自分のことは自分で出来る
6・朝、時間に起きられる

学校では体操服に着替えることが多くありますので、あまりゆっくりだと困ることに
ある程度速やかに着替え、たたんでおく事を練習しておきましょう

服をたたむ前に裏返っていたら直してからたたむことなど、子供に練習させておきましょう
多少ゆっくりでも黙って見守る、うまくいかなかったら親が見本を見せて練習させてあげてください

6番の朝、時間に起きるためには、夜早めに寝かせるクセをつけておくようにします
私は夜は9時には、絵本を読んであげて寝かしつけるように心がけていました

 
 

7・友達と仲良く遊べる

友達と仲良く遊べる子はそれだけで楽しく学校に通えます
子供社会もけんか、いさかい、我慢しなくてはいけないこともありますね

優しい子誰とでも遊ぼうとする子は子供同士でも好かれます
反対に嫌われる子は意地悪な子、我慢が出来ない子、友達にちょっかいを出して暴力的な子・・・

意地悪な子⇒家庭で親切にされたり優しくされたりの経験が乏しい
我慢が出来ない⇒家でなんでも言うことが通った、注意されてこなかった
暴力的な子⇒家でスキンシップが足りないので、甘えさせてあげてください

 
これからでも反省点があれば直しておくようにすれば大丈夫
 
 

その他生活面で教えておきたいこと

ママオーケー

小学生のスタートにあわせて、ぜひやっておいた方がいいと言うことってあるよね

1・登下校中の交通ルールや身の守り方を教える

交通ルール

うちの場合は徒歩で登下校しています
入学前に子供と一緒に登下校の時間に合わせて実際歩いてみること

時間帯によって車の量も違います、一緒に歩いて危ない箇所を見てみましょう
信号、横断歩道、ふざけて歩道から出ないなど教えておいてあげてください

また知らない人に声をかけられたら、近くのお店に逃げるなど教えておきましょう
近頃は地域で見守り隊を結成して活動されていたりもしますが、逃げどころも見ておきましょう

 

2・テレビやゲームの時間を決める

子供にゲームをさせたくない

小学1年生では1時間~2時間と言うところが一般的です
親が何時から何時とはっきり決めて宣言するのがいいです

子供はいくらでもやりたがるので、親が時間を決めることです
心身の健全な発達を望むならきちんと1年生から決めておきましょう

 
 

3・宿題、勉強の時間を決める

机に向かう

宿題は何時からはじめるか?何時までするか?
学校が始まったら、様子を見ながら子供と話し合って決める・・・

子供の集中力は長時間続くものではありません
時間を決めて効率良く勉強するために時間を決めておくのです

その後、明日の学校の準備を子供が自分でするようにしておきましょう
といっても1年生では、親と一緒にすることが必要ですね
ただ親が全部やってしまわないように注意が必要です、主役は子供です

 
 

まとめ

入学おめでとう

小学生になったら・・・ならでわの習慣にしておきたいことがありました
子供の生活習慣や学習習慣は小さい時の方が、身につけやすいです

大きくなってから教え込もうとすると、時間もかかり、もう直せないこともあります
1年生になったスタートから大きくなった時に子供が困らないように良い習慣を身につけておいてください

 
 

マまビックリマーク

1年生から宿題が終わったら、復習の習慣をつけておくといいですよね

家庭教材の小学ポピーは地域の教科書にあっていて、学校で習ったことの復習に最適です
1日10分の復習で知識が定着します

無料お試し教材でどんなものか?見てみてください
価格は家庭教材の中でも添削や付録がない分、安いですが内容は充実しています

無料でお試し教材を取り寄せてもおすすめ「はがき」は来ますが、勧誘はありませんでした↓
↓画像クリックでポピー公式販売店の無料資料請求画面へジャンプ