小学校では2020年(平成32年)度から完全実施される「新学習指導要項
4月から年長さんになられるお子さんは、バッチリ対象に入ります

 
 
入学準備はZ会で
 
 
年長さんになったら小学校に上がった時のことを視野に入れてご家庭で少しずつ準備することは充分アリです
 
 

「新学習指導要項」って幼児のうちは気にしなくて良い?

 
かえる
 
いえいえ 気にしてください
 
今までの教えてもらう一方的な教育から、もっと1歩進んだ事が出来るような子供に育てるに変わります
 
教えてもらった知識を活用する事が求められるということです
 
何ができるか? 違うやり方もある? まわりの友達と話をして協力をして考える・試してみる
 
子供の自主性を重んじた学習内容になります
 
 

「後伸び力」を育てるZ会

 
Z会は後伸び力がつく
 
幼児期は将来の土台を築く時ですから、小学校生になった時グッと伸びる「後伸び力」を育てるZ会は内容が良いのでオススメです
 
「ポピー」は家庭習慣を身につけるので良いけれど、ちょっと簡単で物足りない
 
「こどもちゃれんじ」はDVDや付録で楽しいんだけれど・・・将来のことも考えてもっと落ち着いた学習をしたい
 
そんな場合はZ会をお試しして見られてはどうでしょうか?
 
下記の画面クリックで無料でお試し教材が郵送されます
しつこい勧誘がないので、その点は心配無いです

(1回電話がありました・私は考え中ですと対応しましたらすぐ終わり、以後は電話も無しでした)
 
無料お試し教材のお申し込みはこちらから↓


 
 
幼児のZ会とポピーとこどもちゃれんじの紹介記事もご参考に↓
幼児のZ会とポピーとこどもちゃれんじはどれがいいかしら
 
 

年長さん「Z会」の内容

 
Z会空を飛ぶ生き物
↑Z会の教材は絵が落ち着いている感じを私は受けています
トンボの絵を例に見ても漫画風ではなく実写風に書かれていますので、好みによりますが、私は心が安定して落ち着いて良いと思います
 
Z会の年長さんは・・・「かんがえるちからワーク」と「ぺあぜっと」が2本の柱です
 
かんがえるちからワーク」⇒ワーク形式で「自分で出来た」「楽しい」を体験する
 
ぺあぜっと」⇒身近な素材を使って、自分でものを作る(例えば音が聞こえる不思議な箱を作って振動で音が伝わることを体験する)
 
 

年長さん「かんがえるちからワーク」

 
 
Z会年長「考える力ワーク」
 
 
ワーク形式で入学準備の土台作りになります
毎日1ページ 5分~10分程度が理想です
 
理想は、絵本の読み聞かせやハミガキのように毎日の習慣にすると良いです
 
絶対やらなくては・・・と思わずに出来る日にやるので良いと思います
できなかったら次の日にまとめてでもOK、10分で2日分出来るので・・・
 

どんな問題があるか?
 
答えが一つでない問題⇒迷路でも4通りの行き方があり「視点を変える」練習が出来る
 
絵を見て自分でお話を作る⇒自分で考えストーリーを話すことで理論的なコミニュケーション力が付きます
 
実験を交えた問題⇒テッシュとボールではどちらが早く落ちるか?
 
小学校での学びを意識した問題⇒時計、ひらかなの読み書き、数字を盛り込んだ問題で自信をもって小学校生活をスタート出来る

 

まさに新学習要項を見据えたワークです
これをやっておけば小学生になっても学習面で安心ですね
 
 

年長さん「ぺあぜっと」

 
 
Z会年長「ペアゼット」体験

実際に工作や料理や実験を体験する

上の例では「たけのこ」ってどんなものか?
実際触って、匂いはどうか?中はどうなっているのか?料理はどうして食べるのか?
 
「たけのこ」は春の季節に出回るものですが、あまり馴染みのない食材です
 
子供も見たことがない、食べたことがない場合もありますから「たけのこ」を知る良い機会です
 
体験型学習は、休日にパパと取り組むのも良い方法です
 
理想は時間のある休日に10分~1時間くらいやる事です
 
実際体験することで自分で発見をしたり、考えたりが出来る経験が重ねられます
 
子供の知識が増えて「何も知らない、見たこともない」状態でなくなりますね
 
子供の知識を増やしておくことは、将来勉強の土台をしっかりしておくことに繋がります
 
基礎知識の多い方は大人にもおられますが、目に見えないけれど本人を助ける力です
その土台を幼児期に築いておくことは必要です
 
 

体験学習を行うために保護者用の解説冊子が付いてますから便利↓

Z会年長「ぺあぜっと」保護者向け
 
 
「ぺあぜっと」を使って実際どう進めて行けば良いのか?
丁寧に説明がついてあります これを参考にして、子供に楽しい体験をさせてあげましょう
 
 

年長さん「ペアゼットシート」

 
Z会年長「ぺあぜっとシート」提出課題
 
実際やった体験を思い出し絵を書いて提出します
 
お返事も返ってきます 絵は楽しみながら書きましょう 
 
くれぐれも「提出しないといけない」ではなく、子供が自由に楽しく書けるようにご協力をお願いします
 
「頑張ってるね 上手ねぇ」「すごい!よく見て観察したんだね」「色が素敵」など良いところをほめてくださいね
 
 

Z会年長さんのQ&A

 
QA
 

忙しくて親子の時間が取りにくいのですが、続けていけるでしょうか?
お子さまが興味をもったページから、優先的に取り組んでみてください。『ぺあぜっと』や『かんがえるちからワーク』は、必ずしも全部取り組まなくても、十分にお子さまの知的好奇心を満たす経験ができます。
忙しくて親子の時間が取りにくい場合も、お子さまが興味をもったページから優先的に取り組んでみてください。1回5~10分と短時間でできる『かんがえるちからワーク』は平日に、実体験が中心となる『ぺあぜっと』はおうちの方のお休みの日に、親子遊びの時間のようなつもりで取り組んでいただくと無理がありません
ひらがなが読めなくても受講できますか? 教材の中では、文字の読み書きはどの程度扱いますか?
ひらがなが読めることが前提で作られていますが、おうちの方のサポートがあれば読めなくても取り組むことは可能です
教材には、年中同様、読みの習熟につながる課題が含まれます
書く練習としては、ひらがなのなぞり書き、何も見ないで書くこと、かたかなのなぞり書きを扱います
最後に幼児コースのZ会の価格表・・・

 
 

幼児対象年齢Z会1ヶ月価格(税込)
年少2015.4/2~2016.4/1生まれ1,786円
年中2014.4/2~2015.4/12,379円
年長2013.4/2~2014.4/12,420円

Z会の幼児コースの価格表の金額は(12ヶ月一括払いの場合)
 
 
Z会 幼児コース




↑画像クリックでZ会サイトへジャンプ
 

ママオーケー

年長さんは小学校になったら・・・のことも視野に入れて家庭学習をさせてあげてください
楽しい小学生生活を送れるように準備してあげてくださいね