学校の成績を上げるにはポピーだけで十分
高額塾の落とし穴にハマっているそこのあなた!

学校の成績を上げるには3000円でお釣りがきますよ?

授業が難しくなる新学期が始まる前にぜひ

 

通信教育アワード2017ランキング  

学費の満足度が高い(部門賞)(幼児)&最優秀賞(小学生)獲得教材

月刊ポピーを紹介していきます

※中学ポピーは紹介していませんのであしからず、料金は小学生です

 

 

と、そのまえに・・・

 

月刊ポピーの販売元、全家研を軽く紹介

 

ポピーを販売している全日本家庭教育研究会はママを応援している

 

全家研公式ページ引用

全家研(正式名称:全日本家庭教育研究会)は、昭和48年(1973年)に京都大学元総長・平澤興先生を中心に設立されました。その全家研が(株)新学社を通して幼児、小学生、中学生を対象とした家庭学習教材「月刊ポピー」を発刊し、お子様に家庭における学習習慣を身につけていただくことを目指して活動しております。

全国に全家研ポピー支部(弊社の販売代理店/以下「ポピー支部」とします)を設置し、ポピー支部には全家研の趣旨に賛同したお母さん方がポピー教育モニターとして参画し、その方々を中心に教材のお届けや教育相談、教育講演会などの教育に関する事業を行っています。
公式ページにも書いてあるのですが
全家研は親御さんも応援してくれるそうですね
いちばんの先生は家庭にいる!っていうフレーズが私の意見と一致したので紹介します

幼児用の「ポピっこ」も人気

幼児ポピーキャラクター
 
ポピっこは通信教育アワードで学費の満足度が高い通信教育(部門賞)をとっている幼児教材です

親子ふれあって育てるということころが気に入っています

ヤフオクでポピっこと検索したらいいものが拾えるかもしれませんよ?(自己責任)

 
幼児ポピーのお試し教材

(上の写真は幼児ポピーのお試し教材です、うちの子はシールにどハマリしているので楽しく遊んでくれてました)

 
ポピー手引き中身

(ポピーを申し込むと上の写真のようなお母さん向けの子育て教材も送られてきます)

 

月刊ポピーはこんな人におすすめ

 
 
「小学校から塾に通わせるのはちょっと・・・でもなにかやっといたほうがいいよね?」

「家で好きな時間にできる子供用のおすすめ教材ないかな?」

進研ゼミが息子・娘に合わない。量も少ないぞヽ(`Д´)ノ」

「うちの子勉強が嫌いで、さっぱりできなくて(>_<。)」

「新学期になったら勉強が難しくなっていた 助けて!(´;ω;`)」

 

ポピーは幼児(ポピっこ)から中学生までの教科書の範囲をカバーする通信教育です

ポピーなら、子供が好きな時間に家で手軽に学校の授業の勉強ができますので

近所に塾がない田舎の方や、スポーツばっかりで勉強する気がまるでない子供をお持ちの方へ、教材としておすすめです

良いのか悪いのか、量は多いです(?_?)
(でも、進研ゼミみたいにおもちゃ付録が全然ないから料金は通信教育大手のなかで1番安い!
家庭用教材の月刊ポピーを紹介!進研ゼミやZ会より安い料金で成績を伸ばせる!の記事もご覧下さい)

 

ポピっこは価格の部門賞、小学ポピーは最優秀賞で進研ゼミより上

 
ポピーのお試し

(ポピーのお試し教材はこのブログで紹介しているポピー公式サイトから資料請求を行うと資料と一緒に家に送ってきてくれます。上の写真は私の家に届いたポピーのお試しです)

 
通信教育を調査しているイード・アワード顧客満足度ではポピーの幼児版・小学版ともに優秀です

驚くなかれ、あの進研ゼミより上なのです

月間ポピーを簡単に説明すると、あの、送られてくる漫画が衝撃的な(笑)

進研ゼミをイメージしてもらえるとわかりやすいかと思います

ですがもう一度言います、ポピーは進研ゼミより満足度が上です

ポピーの方が進研ゼミより満足度が高い理由として値段の安さが挙げられます
ポピーは内容や勉強の量の割に、値段が安いのが評判が良い1番のポイント!
進研ゼミよりポピーの方が800円安く、Z会より2000円くらい安いんです

「ポピーってどんな通信教育なの?飽きっぽいうちの子も続けてくれるの?」などなど、ポピーに興味を持たれてきた方は
まずは資料請求をしてみてください。(下のリンクをクリックで公式ページに飛びます、資料請求してお試し見本教材をもらいましょう!)
幼・小・中学生向けの家庭学習教材【月刊ポピー】無料おためし見本プレゼント!

下の写真は、小学ポピーのプリントの参考画像です

top_article01_img01
 

こっちは中学ポピーのプリントの参考画像

中学ポピー
 

下の写真は、ポピッコあかどり(年中用のポピー)のプリントです

ポピっこあかどり
 

上のリンク先では最優秀賞にZ会って書いてあるのですが(^^;)

 
 
はい!そうなのです!

小学生・中学生の子供の学力を受験レベルまで上げるための通信教育なら、Z会がナンバーワンです
 
 
Z会のお試し教材

(上の写真のZ会のお試し教材もZ会公式から資料請求すると一緒に送られてきます)

 
Z会の通信教育 資料請求
(↑のリンク先はZ会の公式サイト)

駄菓子菓子・・・

Z会は難しいのです(´;ω;`)

Z会を毎日しっかりやり遂げ続けていれば、難関校・難関大学の受験も楽になるほど学力がつくとおもいます・・が
心配なのは、難しいのが理由で子供が勉強嫌いになったりして、送られてくる教材をやらないこと(>_<。)

学校のテストで100点をとったり、成績をあげるあげるだけならば

3000円のポピーのほうが適しています
(Z会も子供の学力に合わせて簡単なコースと難しいコースが用意されているようですが、どうせ簡単なコースをやるんだったら値段が安いポピーの方が良いと思います)

それに、3000円だからといって、ポピーを侮ってはいけません

地域の教科書に沿った教材なので、ポピーで出た内容の問題が子供が通ってる学校のテストにそっくりそのまま出たりします

さらに、ポピーには無料サポートなどのメリットがあります(気軽に相談しよう!)

 

ポピー教材のチェックポイント!(公式サイトに記載されていたもの)
小学・中学の月刊ポピーは、全国各地域で異なる小学校・中学校の教科書ごとに編集されています。そのため、学校で習ったことが一目でわかり、復習が簡単にできます。また、1日10分~15分の学習でつまずき発見と解消ができるため、無理なく学習習慣を身に付けることができる教材です。

 

ポピーの欠点

ポピーの欠点というか、通信教育の欠点として、ライバルがいないので緊張感がなく、競争意識が植え付けられないというのが挙げられます。

しかし他人を気にせず自分の力(ペース)で進めていけるという良い一面もありますね
ポピーはのびのびと学習できる教材だから、スポーツなどの習い事をやってたりして塾に通えるほど勉強する時間が取れない子におすすめです

 

 
他には、キャラクターが面白くないので子供が飽きやすいという欠点がありました

流石にドラえもんを雇用しているドラゼミと比べると雲泥の差がありますが

先程もリンクを張ったこちら
の顧客満足度ランキングには、ドラゼミは入っていないので

総合的に見るとポピーのほうがいいです(ドラゼミvsポピーの記事も書きます)

 

また、ポピーには締切がないので急かされてはおらず、勉強をしたくないお子さんをお持ちの親御さんは毎日お子さんに「あんた、早くポピーやれ!」と促さなければならないかもしれませんね、ちゃんとやってなかったら意味ないですし(^^;)

毎日促せば習慣になってきて、そのうち自分でやり始めますので最初だけ我慢です

 

あと、私が小学生ポピーの教材を見て気になったのは「応用問題」が少ないと思ったところです

対処法として、5,6年になると算数と国語はハイレベルワークという普通より難しい別冊の教材を購入する事ができます(1冊1500円)

ハイレベルワークは学校の授業で習うレベルより難しくなっていますので、普通のポピーでは物足りないほど学力が上がっているお子様は購入を検討してください

 

最後に、こちらは欠点とは違うような気がしますが、ポピーは進研ゼミやZ会と比べて、認知度がめっちゃ低いです(笑)
(ポピーの認知度が低いのは広報にあまりお金をかけていないから、進研ゼミはバンバン宣伝するけど広報にお金がかかるぶん料金も高い)
 

安かろう悪かろう?

 

お子様の学力を大きく伸ばしたいと思ったら、迷わずZ会にすべきですが

請求してみると、3000円の割にはなかなか良くできていましたし

量もけっこうあります(31ページ、毎日やらねばなりませんが)

しつこいですが進研ゼミより安いくせに満足度はポピーのほうが上ですので

進研ゼミを選ぶくらいなら、ポピーを選んでください

幼児用のポピー(ポピっこ)は幼児用通信教材の価格が安い部門でナンバーワンですので

迷わずポピーを選んでくださいね

 

3000円で受けられるサポート

公式の説明ですが、ポピーに入会すると子供やお母さんはこれだけのサービスを受けることができます

  • 教育相談サービス「ポピーのここがわからない」「友だち関係で悩んでいる」などのお悩みに“教育相談サービス”がご利用いただけます。

  • 授業進度対応サービス授業の進度が変則的なときには“授業進度対応サービス”で授業に合ったポピー教材をお届けします。

  • ポピー診断親子関係やお子さまの友だち関係など・・・各分野の専門の先生が子育てに役立つテーマで現状を診断し、アドバイスします。

  • 算数マスターズ(年1回)学習に意欲をもって取り組むお子さまを応援する、ポピー独自の認定イベントです。 「算数・数学思考力検定」の問題を参考に作成しており、応用力が身につきます。

  • 俳句コンテスト(年1回)日本の文化や伝統を大切に思う気持ちを培ってほしいという思いから、昨年に引き続き開催します。

  • 年賀状コンクール(12月)ポピー編集部やモニター、おうちの方への年賀状を紙いっぱいに表現してください。

通信教育ですがイベントがあるところが面白いですね

授業進度対応サービスはよく使うかと思われます(特に社会)

 



 

ポピーを始める理由

成績を伸ばすのに理由がいるかい?(ピンチの時に使おう!)

冗談はさておき、公式ページにこんな画像がありました

 

img01

 

始めた理由に書いてある、「余分な付録が付いていないから」というのはメリットでもありデメリットでもありますね

進研ゼミみたいに子供を物で釣ることができません(笑)

ポピーの一番のメリットは安いことですが、ちゃんと学力も伸ばせます

 

 

進○ゼミとの比較画像?

 

公式ページでは面白いことに、他社とかかる費用を比較されてました

 

img03

 

通信教育といえば、だれもが思い浮かぶのは進研ゼミですよね?

 

私が調べた進研ゼミの年間費用(6年生)はこうなりました

毎月払い 月々5,779円
(年間69,348円)
6ヶ月一括払い 6か月分31,320円
(月額で約5,220円相当)
12ヶ月一括払い 59,808円
(月額で約4,984円相当)

 

ポピーは1年で約4万だから、約7万の進研ゼミとはかなり違ってきます

通信教育大手他社とポピーの料金を比較

 
 
こちらは、大手とされる通信教材の値段(小学1年生のもの)を比較した表です↓

進研ゼミ Z会小学生 ドラゼミ スマイルゼミ ポピー
3,348円~ 4,520円~ 3,333円~ 2,980円~ 2,700円~

 
 

ポピーが他の通信教育と比べて安く販売できているのは、他の通信教育でよくある
余分な付録をつけていない
ためです
ただし、付録がついてこないので子供を物で釣れないところがポピーのデメリット
として口コミでよく言われています
票にしているポピー以外の他の小学生向け通信教育では、全部付録がついてきます
スマイルゼミは付録はついてこないですが、タブレットの授業なのでちょっと
例外ですね)

 
 
ちなみに、他の通信教育の教材を1年間使い続けた場合は下の画像のようになります↓
 

 
 

 
 
幼児向けのポピー(ポピっこ)の値段を比較した画像は下です↓
ポピっこの画像比較画像-min
 
 
1番料金が安く1番成績を上げやすいポピーはそんな教材なんです
 
 
家庭用教材の月刊ポピーを紹介!進研ゼミやZ会より安い料金で成績を伸ばせる!の記事でポピーの安さについて詳しくご紹介しておりますので
一度目を通しておくことをおすすめします
m(_ _)m

 
 



 

サポートページにはお役立ち情報満載

 

ポピー会員向けにポピー会員広場というサポートページがあります

特に幼児用のコンテンツひろばが充実していました

更新頻度は月3、4回なので暇なときに見ましょう、ほっこりします(^-^)

 

ポピーを利用するメリットまとめ

 

  • 自宅で手軽に行えるのが通信教育の強み。送り迎えの時間必要ない上、他の習い事をしながらできるので親御様にもお子様にも大満足
  • 3000円からオンライン通信教材満足度優秀賞の教材を購入できるので、塾を利用するよりもはるかに安くあなたのお子さんの成績を上げることができる。浮いた費用はお子様の将来のためにとっておける。
  • 基礎からできてそれほど難しくない教材なので、勉強が苦手なお子様に最適、さらにポピーを利用することで成績がよくなり、子供の自信に繋がる&勉強が楽しくなる
  • 毎日1枚のプリントをやるため、お子様には毎日家で勉強するという習慣が身につく。お子様が遊びに出かける前に親御さんが「やってから(`・ω・´)」と促そう
  • ポピーは、学校のテストでいい点数がとれたり、 授業内容に自信がもてるなど、すぐに効果がはっきりとわかる。はっきりと学力が上がっていくのがわかるので、お子様のやる気が出しやすい
  • 全て自分の力で進めていくので、お子様の自主性を高めることができる。10年後、そこには自信に満ちあふれた我が子の姿
  • 全家研で研究されたカリキュラムに沿う教材なので、詐欺的な教材ではなく安心して子供に勉強させられる
  • 学校での悩みなど、子供の教育にはいろいろ難問が出てくる。そんなときにポピっこサポートが相談に乗ってくれる、(もちろん教材についても教えてくれる)

 

ポピー料金表

すみません、3000円といいましたが

お子様が何年生かによって違ってきます

ちなみに幼児用ポピーは980円なので超おすすめ

1ヶ月分払い

半年分一括払

1年分一括払

 小学1年生 2,700円 15,790円 30,780円
 小学2年生 2,800円 16,380円 31,920円
 小学3・4年生 3,100円 18,130円 35,340円
 小学5・6年生 3,400円 19,890円 38,760円

送られてくるプリント以外にも、便利なサポートも受けられるので

フル活用してくださいね(´∀`)

小2の場合、上の値段で

やりきりドリル(毎日、国語算数を各1ページ)、教科書に沿った問題集、しつけ読み物、小物語等が送られてきます

 

気になったらとりあえず無料資料請求してみてください

実際のプリントの見本も送られてきます
親子で学べる!教科書に沿っていてテストで高得点を狙える!【月刊ポピー】。まずは無料おためし見本から!

幼・小・中学生向けの家庭学習教材【月刊ポピー】無料おためし見本プレゼント!

ポピー口コミ

ポピーの知恵袋の声では、やはり進研ゼミかドラゼミかポピーかで悩んでいる人が多かったです


知恵袋のポピー記事
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1062540515(メリット)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1349044798(メリット)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1381577968;_ylt=A7dP5XarywNUaQMAqfSL.vN7?fr=rcmd_chie_detail
(デメリット)

※知恵袋ではポピーの批判記事は見つかりませんでしたので前述したデメリットは私の意見です

 

利用者の声

公式ページよりの転載 (小学生版)

やっぱりポピー

ポピーの学習量は、一見、他社のものに比べて少ない様に思えますが、結局無駄になる付録がなく、内容もポイントをおさえていると思います。子どもは付録でひきよせられますが、それだけでは、学習に反映されません。その点ポピーは集中するのにちょうどいい量なので喜んでいます。

広島県 M.Fさん(小4)

てびきが最高です!

「てびきと答え」で、「答え」だけでなく「こういうところに注意!!」という赤字がとてもとても参考になります。たし算など、つい答えを見ずに○をつけそうになりますが、「やっぱり」と思い直して見るとポイントがずれていて、思わず、「そうか!!」と思います。

鹿児島県 T.Tさん(小1)

ずっとポピーでがんばります!

小1からポピーをやり始めたのですが、今年から英語を習い始め、学校でのお勉強時間も増えたので少しポピーを休会しようかと思っていました。でも、本人が 6年生になったら、またやりたいと強く言うし、理科とか教科書のまとめがわかりやすくとてもいいので、それなら休まず続けようということになりました。中学3年まで頑張ります。継続は力なり・・・です。

愛媛県 E.Oさん(小5)

楽しく使っています

ポピーは、「エーッ」というのではなく、「やりたい!!」「早く次のポピーちょうだい!!」と、楽しく使っています。宿題のない日、土・日等、時間のたっぷりある日・・・ポピーは負担にならなく、やっても5分〜10分で出来るし、でも、簡単なのではなくポイントをおさえているし・・・また、「ぴかり!!」のクイズに応募するのも楽しみの一つです。

千葉県 Y.Nさん

自信につながっているようです

とにかく学校にあがるまでは、勉強などした事のなかった息子ですが、字を書く事からはじめ、今では、国語が好きだと言うようになりました。親の欲を言うと、予習に使いたいのですが、復習に使う方が「出来た」という自信につながって楽しいようです。教える側も「答えとてびき」のおかげで間違った書き順を教えることなく助かっています。

北海道 N.Nさん

テストの時ほとんど満点でした!

4月から長男は、ポピーを始めましたが、私も実は小学校1年生の時から、ずっとポピーをしていました。きちんと取り組んだら、テストの時、ほとんど満点に近い点が取れたことを思い出します。息子にも、ポピーに“はなまる”がいっぱいになるようサポートしていきます。

島根県 Y.Tさん

子どもにきちんと教えられます!

2学期にはいってから、他のお母さん方とお茶をした際に「子どもへの教え方がわからないわ」といった声を聞くようになりました。確かに教科書を見ただけでは、子どもに説明することができません。でも、ポピーを見れば何でも答えることができます。他のお母さん方にも、ポピーをオススメしています。

岐阜県 りさちゃんママさん(小2)

こんなふうに楽しんでいます

ポピーのテストの丸つけや点数つけを本人と一緒にしています。点数ではひとつで5点という所やひとつで10点の所はかけ算をさせ、点数をたし算して一石二鳥です。テストの裏には、子どもから問題を作ってもらい私がテストを受け、又、二人で採点します。子どもは先生になった気分で嬉しいようです

大分県 S.Tさん(小1)

 

利用者の声 追記

「定期テストが役立っています!!」北海道A・Mさま
定期テストの前に「定期テスト対策予想問題集」を学校に持って行って復習しました。
“テスト直前にチェック”をやってからテストに臨むと似たような問題が出て、いい点がとれました!
実技の問題も「実技の要点」を持って行って赤フィルターを使って友達と問題を出し合ってやっていました。
これも全く同じ問題がでて「あっ!さっきやった問題だ!」と解くことが出来ました。
すごく役立つなあと思いました☆

※お客様の声にもある「定期テスト対策予想問題集」は大変ご好評の様子
なぜなら「中学ポピー」を編集している新学社は全国のテスト・ドリルの発行をしているメーカー
なのでテストの出題傾向をしっかりとつかんでいるからです。
■途中からのご購読開始の「ご入会」「1ヶ月のみのご購入」の方にも、
『おぼえるモード教科別』『定期テスト対策予想問題集』『定期テスト対策実技の要点』
『英語リスニングCD』『国語文法』がつくので
テスト対策の学習は万全に進めることができます

 
 

最後に・・ポピーのお試しを娘にやらせてみた

 
ポピーのお試し表紙

(上の写真は、資料請求して私の家に届いたポピーの資料とお試し教材です)

 

 
ポピーのお試し

封筒の中にはポピーのお試し教材やポピーの紹介冊子が入っていたので、とりあえずうちの娘(2歳)にやらせてみました

 

 
ポピーのシールにとびつく

シールが大好きな娘は、ポピーの教材にシールがあることを発見してテンションマックス

 

 

シールの絵と同じものが教材に書かれていることを発見、「おなじ~」って言ってました、「お片づけしようね」と促して隣のページにお片づけシールを貼ることに

 

 

ちゃんとお片づけしてくれました(鉛筆のシールは間違えて違うところに貼ったのですが正しいところに貼り直す時に破けた)

 

 

上の写真のポピー教材は、動物のシールを鳴き声がするところに貼っていくものです。

 

 

実は、教材の裏表紙には教材と連動したQRコードが書かれてあって、スマホでQRコードを読み取ると教材に書かれてある動物の鳴き声がする動画が見れます

 

 

動物の鳴き声を聞きながら教材にかぶりつく我が子の写真。50回くらい聞いてました(笑)

 

 

ポピーに興味がわいた人は、まずは無料資料請求から!

 
家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!