幼稚園を卒園するまでに、子供に身につけさせたいものがあります

文部省では幼稚園教育要領でそれを定めていて

5領域として、全国の保育所がそれに沿った教育をされています

5領域とは、後術しますが「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」があり

どれも人間には必須的なものですよね

これらの力は、幼稚園などの保育所で身につけさせてもらえますが

5領域教育の最大の目標は、「生涯にわたる人格形成の基礎」を培うことです

 

保育士さんになるには五領域に詳しくならないといけないらしいです

参考・・・保育技能検定

我々には、5領域を養う教育ってのは、ただ楽しく遊んでいるだけに見えますが(笑)

ちゃんとこういう教育体系になっているのですねー

 

CA043

 

5領域は簡単なごっこ遊びに、絶対5つとも詰まっています

 

5領域とは(簡単解説)

・心身の健康に関する領域「健康」
・人とのかかわりに関する領域「人間関係」
・身近な環境とのかかわりに関する領域「環境」
・言葉の獲得に関する領域「言葉」
・感性と表現に関する領域「表現」

なんか5領域で検索すると、虫眼鏡に消防士ごっこっていうのがありましたので

消防士ごっこの5領域を解説してみます

 

と・・思ったけど、自分で考えてみるとなかなか難しいです(^^;)

 

人間関係は、ゴッコ遊びなので一人ではしないからクリアー

言葉は普通に「大丈夫ですかー」「今助けますー」とか?かな

環境は、消防士はメジャーな職業なのでクリアー

表現は・・・事件のシチュエーションを考えたり?とか(笑)

遊びが終わって片付けて元通りにするのが健康?なのでしょうか(?_?)

 

こちらの知恵袋を参考にしてみましたが私には難しかったです

 

やはり教育ママたるもの、子供に必要なことはわかっておかないといけませんよね

今回の更新は少ないですが、これで終わりますm(_ _)m

少ない理由は難しい話だから(笑)

 

良かったら下の関連記事も読んでね