幼児時代に必要な勉強はなんだと思いますか?

もしかして貴方は小学校の勉強を先取りして教えさせていませんか?

 

小学校で覚えることを幼児に覚えさせてもあまり意味はありません
 

それよりも、小学校の勉強の他に幼児時代に絶対に教えたいことがあります

 

・・・まぁそんなのっていっぱいあります

 

でも、幼児時代に”これ”を教えるのと教えないのとでは

子供の勉強の捉え方が違ってきます

その差は年齢を重ねるほど如実に現れ

高校受験、大学受験、その先の就職、その後 と

どんどんどんどん、教えられた人と教えられていない人の差が広がっていきます

 

では、”これ” って何でしょうか?

 

今回は、幼児時代に絶対に教えさせたいことを教えてくれる効果がある教材

通信教育ランキング、総合力No1の「Z会」幼児版)を紹介します

 

 

yjimageLJ26FZHD

 

本文に入る前に・・・

先ほど言った「幼児時代に絶対教えたいもの」って
結構いっぱいありますよね

この記事で紹介している「Z会」は通信教育なので、勉強に必要なことを教えてくれます
(将来にわたって勉強を有利にすることです、Z会を使えばそれを幼児期に既に身につけることができます)

キーワードは「あと伸び力」
小学校入学前にこれさえ身につけておけば
その後の勉強が有利になる!

 

幼児時代には”これ”さえ教えればオッケー♫

 
幼児はこれだけ覚えれば良い
 
Z会が考える「これさえ教えればオッケー」の”これ”ってなんだと思いますか?

「自分で考える力!」・・・惜しいです。それはNo2にしています(><;)

「右脳教育?」 なんていう答えも返ってきそうですね
確かに右脳教育は幼児時代からやらないと効果がないように見えますが
Z会は右脳教育には対応しておりません

 
勉強に関することで、幼児に身につけさせたいことというのは

 
小学校にあがってから大学まで、自発的にず~~~っと勉強してくれるもの

 

これさえ覚えて頂ければ貴方のお子さんは、貴方が何もしなくても
自分で勝手に難関私立や国立大学に受かることができるでしょう

 

簡単に言うと「学ぶことは楽しい!」っていう意識を植え付けることです

この効果を全国の幼児に現在進行形で教えているところが「Z会」という訳

Z会幼児コースの公式サイト⇒Z会 幼児コース

幼児教育は全て「学ぶことは楽しい!」と覚えさせることに尽きます

 

 

Z会の幼児コースの評判

020460

記事タイトルにもしたZ会の評判ですが
概ね、Z会に対して良いイメージである多かったです
 
下に、私が調査したZ会幼児コースの口コミと
その口コミに対する私の解説を載せておきます
 

料金的には満足
料金的に考えると、良い教材じゃないかな~?と思います
Z会の幼児コースは年長で1ヶ月2420円と、他の通信教材と比べると
特別に安いわけではないかと思いますが、市販されてる幼児用教材と比べて
私から見ても、Z会の方が考えて作られているのがよくわかります

ウチの娘は毎日楽しみながら取り組めており
ほっとくとドンドン一人でページをすすめてすぐに終わらせてしまいます
お返事シートで先生からコメントがもらえるのがウチの子のお気に入りです



ママ普通

Z会は、流石に市販の教材に劣るところはないと思います
料金も、格安というわけではないですが
一般の家庭でも無理なく支払えるくらいではないでしょうか?
お返事シートなどで、先生と受講者との
コミュニケーションが取れることもgood


子供が真剣に考えてる
年少の教材で、子供に自分で考えさせる課題が良かったです
自分で考えて「できた!」って喜んで私に見せてくるところを見ると
充実感とか達成感を感じてるんだと思います

でも、課題によっては苦手なもがあるみたいだから
年少の子だと自分ひとりで進めさせることは難しいと思います
(間違いだらけになるから、ウチでは毎回ヒントを出してます)



マまビックリマーク

Z会では、楽しんで学習するだけでなく
「後で伸びる力」を育てることに注力してます
お子さんに考える力を養うのにうってつけです



工作にはまった
子供にyoutubeで幼児向けの動画を見せてるのですが
youtubeに出ていたZ会のCMに凄い興味を示してたので
資料請求をして、お試し教材をやらせてから体験、好印象で受講することになりました

息子のお気に入りは工作で
いらないものを使って簡単なものを作るのにハマったようで
自分で色々アレンジして工夫しながら工作してます

私も負けじと(?)参加して、親子で作ってるのですが
毎回、息子の独創的なアイデアに感心させられています



ママオーケー

Z会の幼児教材で行うワークは
答えが決まっているものだけでなく
色々な答えが考えられる問題がたくさんあります

親子でふれあいながら、自分たちで新しい答えを作りましょう



先生の添削でやる気アップ?
先生に添削してもらうことができるのですが
このシステムが、子供のやる気をアップさせてるみたいです
息子が、先生から褒めてもらおうと必死になってます
私といえば、ちょっと嫉妬してるかもしれません


マまビックリマーク

Z会の幼児・小学生コースでは
添削課題(添削問題)を提出すれば
先生が添削して送り返してくれるという
添削サービスをやってます



会社員オーケー

添削の有効期限は教材が届いてから1年間あるから
提出期限を守らなくても、いつでも添削してくれるんだよ


幼児の添削問題は字が書けなくても良い
小学生未満の子だと、自分で字を書いて人に伝えるのは難しいと思いますが
Z会幼児の添削課題は字が書けなくても構いません

幼児コースの添削課題は、字を使わず
を書いて送るという形式です
(例えば、自分の好きな○○の絵を書くといったものです)

※ちなみに、一部情報によると
Z会から送られてくる添削課題を送る封筒には
自分で切手を用意して貼らなければならないとのことです


Z会の幼児コースの口コミや受講者のZ会に対する評価については
ほかの記事でもご紹介しておりますので、そちらも参考にしてください

 

Z会にも悪評はあった



Z会の悪い口コミ


Z会(幼児)の口コミを調べていると

Z会のブランドにしては簡単すぎる

という趣旨の、Z会に関する悪い評判もありました

 

例えばこちらの口コミをご覧下さい

  • 「かんがえるちからワークは簡単なので、幼稚園でひらがなを習わないお子様向けかなと思いました。」
  • 「ぺあぜっとは子どもも興味を持ち取り組めますが、これでこの値段?といった感じです。こういったきっかけがなくても経験できるものばかりだと感じます」

 
 

ママショック

Z会は、高額な幼児通信教材ではないけど
それでも決して格安というわけではありません
Z会を実際にやってみた人の中には
価格と教材の学習レベルが釣り合っていないと
感じた人も多いようでした

 
 

Z会は期待はずれの評判だった?

 

Z会は期待はずれ?

 

貴方がZ会に期待することはなんでしょうか?

毎年難関校の合格者をバンバン輩出しているんだから、やっぱり・・・ってなりますよね(笑)

確かに、難関高校や難関国公立大学への合格を目指せる通信教育会社はZ会以外にはありません

でもこれは幼児版のZ会であります
 
 

私が一番最初に言ったこと覚えていますか?

 

幼児教育に一番必要なことは「勉強・・(negative)」を「楽し~い(happy)」と覚え込ませることです

Z会では上のことを第一に考えた教材を作っており
自分で考える力を育てます

そしてこれは、Z会が「あと伸び力」と説明している
小学生以降の勉強・生活にず~っと通用する物の考え方です
 
ですが「Z会」と聞いて集まる人は大抵エリート教育(先取り教育)なんかを期待しているから

期待はずれという評判が集まってしまうわけです
 

普通の幼稚園ではひらがなを教えないけど
普通の幼稚園ではひらがなを教える授業みたいなものはありません
幼稚園によってバラバラだと思いますが、いわゆる「勉強させる幼稚園」でも
ひらがなを教えないと思いますが
卒園するときは大抵の子がひらがなを読む・書くことができています

なぜなら、例えばみんなで歌を歌うときに黒板に書いた歌詞を
子供が全員覚えてしまうから

先生たちは見えないところでコツコツと子供に興味を持たせるように授業をしてるんです

Z会の幼児コースでは、親子で習うことが前提になっているので
お子さんがひらがなが読めなくても構いません
ひらがなの読みを、教材の中で毎月少しずつ学習していきます
また、書く練習としては運筆(線を書く練習)が中心で
ガッツリとひらがなを書く練習はしません。(あるにはあるが少ない)

 
 
あくまでZ会の幼児版は勉強楽しいと覚えてもらうための教材です

当たり前のことですが、普通にちゃんと取り組めば

幼児時代に教えたいことNo2の「自分で考える力」も自然と身につきますが

こっちはまぁ、おまけみたいなものかもしれません

それより大事な、「学ぶのって楽しい」と感じさせることが
Z会幼児コースのメイン効果です

 

 

Z会(幼児)の教材の効果

 




 

 

Z会幼児コースでは、年少・年中・年長ともに
「ぺあぜっと」「かんがえるちからワーク」という教材が共通して送られてきます
子供の年齢ごとに、内容と分量が違っており
年中からは添削課題も送られてきます

 

年少で送られてくる教材の解説

 
Z会年少の教材
 
Z会年少コースでは以下の教材が送られてきます

  • ぺあぜっと(年少)
  • ぺあぜっとi(保護者向け情報誌)
  • かんがえるちからワーク
  • いっしょにおでかけブック

 
 
ぺあぜっと
 

ぺあぜっと(年少)親子で取り組む体験型教材
分量月4回(各回2~6ページ)
取り組み時間1回10~30分
取り組み方親子で・休日に
幼児期に大切な5領域「ことば」「数・形・論理」「自然・環境」「生活・自立」「表現・身体活動」をカバー

 
 
かんがえるちからワーク
 

かんがえるちからワーク(年少)親子で取り組むワーク教材
分量月24回(各回1~2ページ)
取り組み時間1回5~10分
取り組み方親子で・平日に
親子で会話しながら解く問題。学ぶ意欲を引き出す

 
 

その他①ぺあぜっとi(保護者向け情報誌)

ぺあぜっとi

月に1冊、ぺあぜっとの取り組み方や育児情報が載った保護者の方向け情報誌が送られてきます

 

その他②いっしょにおでかけブック(ミニサイズの絵本型教材)

いっしょにおでかけブック

持ち歩けるミニ絵本(サイズはぺあぜっとの半分以下)
薄くて軽いので、おでかけのときに持っていける
絵本には仕掛けがいっっぱいで子供が飽きない。病院での待ち時間などに使おう

 

年中で送られてくる教材の解説

 
Z会年中の教材
 
Z会年中コースでは以下の教材が送られてきます

  • ぺあぜっと(年中)
  • ぺあぜっとi
  • かんがえるちからワーク(年中)
  • ぺあぜっとシート

 
ぺあぜっと年中
 

ぺあぜっと(年中)親子or子供一人で取り組む体験型教材
分量月8回(各回2~4ページ)
取り組み時間1回10分~1時間
取り組み方親子で・休日に
年中からは分量が増えており
今までどおり親子で取り組むものの他に
子供がひとりで取り組む課題も出題されます

 
かんがえるちからワーク(年中)
 

かんがえるちからワーク(年中)子供がひとりで取り組む自習用ワーク教材
分量月30回(各回1ページ)
取り組み時間1回5~10分
取り組み方お子さまひとりで・平日に
ひらがなの読み書きの学習ができる他
数・論理・自然といった幅広い範囲からの問題がある
子供が文字を読めるようになるまでは親のサポートが必要

 
Z会添削課題
 

ぺあぜっとシート(添削課題)
分量月1回
取り組み方親子で・休日に
Z会幼児コースの添削課題、絵を書いて送るので文字が書けなくても課題は可能

(絵以外の部分は親が子供の言葉をもとに書く)

 

年長で送られてくる教材の解説

 
Z会年長の教材
 
Z会年長コースでは以下の教材が送られてきます

  • ぺあぜっと(年長)
  • ぺあぜっとi
  • かんがえるちからワーク(年長)
  • ぺあぜっとシート

 
 
ぺあぜっと年長
 

ぺあぜっと(年長)親子or子供一人で取り組む体験型教材
分量月10回(各回2~4ページ)
取り組み時間1回10分~1時間
取り組み方親子で・休日に
年長になるとさらに量が増え
出題内容も難し目に、小学校入学を見据えて体験課題が出題されます
5領域を深めていくのは年少から変わりません

 

ちょっと教材の解説が長くなってきたので、解説はここまでにしておきます

年長のかんがえるちからワーク・添削課題の取り組み時間は年中と変わりませんが
年長で送られてくるZ会の教材は、どれも小学校の入学を見据えたものになっており
小学校入学までに身につけさせたい、言葉・数字・社会の基本ルールを学ぶことができます

Z会の年長の教材見本

 

Z会の教材の評判はどうなの?

 
こちらは、公式サイトのぺあぜっとの評判です

多くのおもちゃが世の中にあふれていますが、手作りや自然の遊びは、幼児期のいまだけ、
そして家庭だからこそできるものだと感じていました。その点、身近なものを使って手軽に取り組め、
工作をしたりお料理をしたりと、いろいろな実体験ができるZ会は、わが家の方針にぴったり。

子どもは毎回とても楽しんでいて、「やりたいやりたい!」とねだられるほどです。取り上げられる課題は、
子どもの心をつかむ体験ばかりで、「子ども心をよくわかっているなあ」と正直驚いています。
Z会はのびのびとした子どもの発想を引き出し、さらに創造力を伸ばしてくれるところがすばらしいと思います。

 
 
まぁ

公式サイトの評判なんて見てもあてになりませんよね
 
自分とこの商品の悪い口コミなんて載せるはずがないんだから

玉虫色の口コミになると思います
(日本の会社って汚いよね)
 

先ほどの段落で、Z会幼児コースの教材について簡単に触れたわけですが

もうちょっと詳しく教材の内容を言うと

「ぺあぜっと」は、外に出て花とか、毎月決まった形の物を探しに行ったり

家にある食品トレーやティッシュケースで製作したり、子供に簡単な料理をさせたりします

 

中には「そんなこと教材買わなくてもできる」と思う人もいるでしょう

一流のママたるもの、料理くらい教えられて当然

 

ぶっちゃけ・・・料理は貴方に任せます

 

でも、低年齢の子供でも簡単・かつ安全で興味を持って作れる料理のネタを
毎回考えるのってめんどくさ~いです

それに男の子だったら?工作の方に興味を示すのではないでしょうか

幼児にもできる簡単な工作って、貴方に考えることができますか?

子供が「やりたい!やりた~い!!」と毎回せがむような魅力的なものを、です

 

大抵の人は、子供に工作させるときは

本屋さんなんかに売っている工作キットがついている本を買うのではないでしょうか

そういう本って値段高めだから毎月買うとなると結構バカになりませんよ

個人的にぺあぜっとは家にあるものを使って工作するっていうところがポイント高いです

工作キットは、なんか決められた道をただ通っているだけって気がして・・・ね

 

決められた道を走ろうか悩んでいる子犬の絵
(決められた道を走ろうか悩んでいる子犬の絵)
 

あと、かんがえるちからワークは年長以外だとおまけと思っていただいてもいいかもしれません

名前通り考える力を養っていこうという教材になっています

でも、年少・年中のかんがえるちからワークは少し考えればわかるので

「簡単」だとZ会の幼児コースの評判を落とす要因になっているようです

効果はちゃんとあるのでお間違えなく!
年少・年中のかんがえるちからワークは
本屋で売ってる幼児教材と同じレベルです


Z会幼児コースの資料請求ページ⇒Z会の通信教育<幼児向け>
 

体験談・・Z会幼児コースのお試し教材をうちの娘にやらせてみた

 

シールが大好きなうちの娘はZ会のお試し教材に入っていたシールに興味を示します

Z会幼児お試し
 

シールに写っているキャラクターがどんな動きをしているかで、対応した遊具のところにシールを貼っていきました。ちゃんとできたかな?

Z会幼児お試し
 

これは真っ直ぐ線を引く練習(かな?)上手いこと線を引けました


 

こっちは空を飛ぶ生き物にチェックを入れるページです。全部にチェックしれるものだと勘違いした娘はこのあと私の制止を無視して亀のところにもチェックを入れてしまいました。まぁいいか

Z会空を飛ぶ生き物
 

これは平仮名が書いてあるシールを使って掻いてある絵と同じ単語を完成させるページです、ちょっと難しいかと思ったけどすんなりクリア!

Z会幼児お試し
 

こっちはスタートからゴールまで線を引く練習です、オオカミの絵が森の中に描かれていて、最初に線を書いたとき途中ではみ出そうになったのですが
「線からはみ出るとオオカミさんに食べられちゃうよ!」的なことを言うと必死になってはみ出た部分を修正してました

Z会森の中の道
 

 

Z会の幼児コースのお試しを見た感想としては
「子供の発想力や想像力を鍛えてる感が凄くする」というような印象でしょうか
あと、少し難しいかな~と思った問題でも案外すんなりクリアしてくれたので
「うちの子って結構賢かったんや!」と娘に対する賢さの印象が少し変わって見直しました

 

Z会幼児コースの値段&資料請求はこちら

 



 
こちらに、、Z会幼児コースの料金がわかる表を用意しました

Z会の幼児コースの価格表(12ヶ月一括払いの場合)
コース(対象年齢)1ヶ月価格(税込)
年少コース1,786円
年中コース2,379円
年長コース2,420円

 

 

あ~い、料金分かったよ~申し込むね

 

 
そこのせっかちさん!ちょっと待ってください

まずは、資料請求してください

理由は、資料請求するとお試し教材が送られてくるから

 

Z会の幼児コースの評判は、良い口コミもありますが

悪い口コミもあるのです

それに、メインは親子で一緒に取り組む「ぺあぜっと」になりますが

親である貴方が時間を取れなかったら一緒にできませんよね?

Z会に資料請求を行うとお試し教材が送られてきます

資料請求で送られてくるお試し教材を見て、貴方でもできそうであればここで初めて

申し込むかどうかを判断してください

 

資料請求 → お試し教材を見る → 申し込むか決める

っていう流れです

 

それでは最後に耳より情報です

Z会の幼児向けコース・小学生向けコース・中学生向けコース・高校生向けコースに資料請求した方全員に

学習のためになる冊子や詳しい教材見本(お試し教材のこと)がプレゼントとしてもらえます

冊子がもらえますが別にいりません

重要なのはお試し教材です

Z会幼児コースの評判は、良いものばかりではなく

簡単すぎるのでダメ!というものもありましたが

実際の教材を見て貴方が判断しましょう

マまビックリマーク

Z会に入会するかどうかは

資料請求するともらえるお試し教材を

お子さんにやらせて、反応を見てからにしてね




Z会幼児コースの資料請求ページ⇒Z会の通信教育<幼児向け>




Z会公式サイト(全年齢対応)⇒Z会の通信教育